アルファ1アンチトリプシン欠乏症治療市場、2021年から2026年の間9.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アルファ1アンチトリプシン欠乏症治療市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。市場は2021年から2026年の間に9.2%のCAGRで成長すると予想されています。

アルファ1アンチトリプシン(AAT)欠乏症とは、体内でAATタンパク質が十分に生成されない遺伝的疾患を指します。AATタンパク質は、体内の他のタンパク質の悪影響から肺や肝臓を保護するために不可欠です。重度のAAT欠乏症の患者は、肝硬変、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺気腫などを発症する可能性があります。この病気は、遺伝子検査や血液検査で診断することができます。治療法としては、気管支拡張剤やコルチコステロイドなどの薬剤を使用する増強療法、肺リハビリテーション、酸素療法などがあり、これらは静脈内注射や吸入をすることができます。

市場の成長要因

呼吸器系疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、オーグメンテーション療法の普及が市場の成長を後押ししています。この治療法は、健康なドナーの血漿からAATタンパク質を抽出し、患者の呼吸器内のAAT濃度を高めるものです。この治療法は、肺気腫の進行を遅らせ、増悪の頻度を最小限に抑え、回復速度を向上させることができるため、患者と医療従事者の双方から支持されています。さらに、診断方法における様々な技術的進歩や、AATの製造および精製のための革新的なプロセスの開発も、成長を促す要因となっています。AATは、ウイルスや細菌などの汚染物質を含まず、品質が向上しています。その他、広範な研究開発(R&D)活動や医療インフラの改善などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

アルファ1アンチトリプシン欠乏症治療の世界市場は、治療タイプ、投与経路、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

治療タイプ別の市場構成

・増強療法

・気管支拡張剤

・コルチコステロイド

・酸素療法

・その他

投与経路別の市場構成

・非経口投与

・吸入

・経口

エンドユーザー別の市場構成

・病院

・専門医院

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

アルファ1アンチトリプシン欠乏症治療市場における主要な企業としては、AstraZeneca PLC、Boehringer Ingelheim GmbH、CSL Limited、GlaxoSmithKline Plc、Grifols S.A.、Kamada Ltd.、LFB Biomedicaments、Pfizer Inc.、武田薬品工業、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]