ブラシレスDCモーター市場、2021年から2026年の間に5.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ブラシレスDC (BDC)モーター市場は、2020年に145億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に5.8%のCAGRで成長すると予想されています。

ブラシレスDC(Brushless DC)モーターは、電子整流式モーター(ECM)とも呼ばれ、インバータやスイッチング電源を用いて直流(DC)で駆動します。ブラシレスDCモーターは、ローター、ステーター、センサー、永久磁石で構成されており、ブラシ付きモーターと比較して、高出力、高速、電子制御が可能です。これらのモーターは、最大の回転力(トルク)を提供する一方で、効率性と耐久性に優れ、低騒音、低エネルギーを実現します。そのため、産業機械、自動車、エレクトロニクス、航空、ヘルスケアなどの分野で幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界のブラシレスDCモーター市場は、産業オートメーション化の進展や、小型電子機器の普及などにより、成長が加速しています。さらに、環境保全に対する関心が高まっていることから、ハイブリッド電気自動車(HEV)の導入が進んでおり、これがブラシレスDCモーターの需要にプラスの影響を与えています。また、電動シート、調整式ミラー、サンルーフシステムなどの先進的な機能を搭載した自動車の販売が増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、ドローンやモビリティスクーターなどのハイテク電子機器の増加傾向や、センサーレスのブラシレスDCモーターの導入も市場の成長に寄与しています。これ以外にも、コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延や、医療サービスの必要性の高まりにより、車椅子、呼吸器、人工呼吸器、病院用ベッド、血液分析装置、空気ろ過装置、個人用保護具(PPE)の製造に使用されるブラシレスDCモーターの需要が世界的に高まっています。

主要な市場区分

世界のブラシレスDCモーター市場は、製品タイプ、定格出力、最終用途産業に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・インナーローター型ブラシレスDCモーター

・アウターローター型ブラシレスDCモーター

定格出力別の市場構成

・0~750W

・750W~3kW

・3kW~75kW

・75kW以上

最終用途産業別の市場構成

・産業機械

・自動車

・コンシューマーエレクトロニクス

・ヘルスケア

・航空宇宙・防衛

・その他

市場の競合状況

世界のブラシレスDCモーター市場における主要な企業としては、ABB社、Allied Motion Technologies Inc.、AMETEK Inc.、Arc Systems Inc.、Buhler Motor GmbH、The Faulhaber Group、Johnson Electric Holdings Limited、Maxon Motor AG、MinebeaMitsumi、Moog Inc.、Nidec Corporation、Oriental Motor Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]