アルミニウム複合パネル市場、2021年から2026年まで約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アルミニウム複合パネル市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。市場は2021年から2026年の間、約5%のCAGRで成長すると予測されています。

アルミニウム複合パネル(ACP)は、建物の現代的なファサード、天井、サインボードなどに使用される軽量の外壁クラッド材です。ACPは、非アルミニウム製のコアに接着された2枚の薄いコイルコーティングされたアルミニウムシートを使用して製造されます。ACPは、従来使用されてきたタイル、木材、未可塑性ポリ塩化ビニル(PVC)などのクラッド材と比較して、施工性が高く、耐薬品性、耐湿性、耐腐食性、耐紫外線性に優れています。また、デジタル印刷が可能で、柔軟性と汎用性が高く、メンテナンスが少なくて済み、色や質感のバリエーションが豊富なのも特徴です。

市場の成長要因

広告業界の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。ACPは、クリアで魅力的かつ洞察力に富んだ広告を表示するために、公共スペースや移動中の車両における屋外広告によく使用されます。さらに、商業施設や住宅の建設において、耐久性に優れた軽量な素材への需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。また、高層ビルの断熱材やトンネルの天井の補強などにも幅広く利用されています。また、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)でコーティングされたACPは、建物の露出部分を極端な気候条件から保護するために使用されています。さらに、美観を向上させるために自動車にACPを使用するケースが増えていることも、成長を促進する要因となっています。ACPパネルは、圧縮耐性があり、高い遮音性を備えているため、装飾用パッドやノイズダンパーとして使用されています。その他、様々な地域で環境に配慮した建物の建設が増えていることも、市場をさらに押し上げる要因になると予想されます。

主要な市場区分

世界のアルミ複合パネル市場は、ベースコーティングタイプ、パネルタイプ、組成、用途、地域に基づいて分類されています。

ベースコーティングタイプ別の市場構成

・PVDF

・ポリエステル

・ラミネートコーティング

・酸化膜

・その他

パネルタイプ別の市場構成

・耐火性

・抗菌性

・帯電防止

組成別の市場構成

・表面コーティング

・メタルスキン

・コア材

・リアスキン

用途別の市場構成

・建設

・自動車

・広告ボード

・鉄道

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアルミ複合パネル市場における主要な企業としては、3A Composites (Schweiter Technologies), Alubond U.S.A. (Mulk Holdings Group), Alumax Industrial Co. Ltd.、Changshu Kaidi Decoration Material Co. Ltd.、広州興和鋁業股份有限公司、三菱化学株式会社、上海汽車工業股份有限公司、日本興亜損害保険株式会社。Ltd.、三菱化学株式会社、上海華源新複合材料有限公司、Shyang Industrial Co. Ltd.、Shyang Industrial Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]