アルコール原料市場、2021年から2026年まで約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アルコール原料市場は、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長が見込まれています。アルコール原料とは、アルコール飲料を製造するために添加される様々な着色料、香料、塩類、食用製品を指します。アルコール飲料は、主にエタノール(エチルアルコール)、メタノール、イソプロパノールを使用して製造されます。これらのアルコールは、果物、穀物、野菜に含まれる糖分をバクテリアや酵母が発酵させることで生成されます。ワインやシードルは果実を発酵させたものをベースに作られ、ビールやスピリッツにはホップや発酵させた大麦、ライ麦などが使用されます。その他にも、苦味料や安定剤、酵素や化学物質など、様々な成分がこれらの飲料の風味を改善・保存するために加えられます。

市場の成長要因

世界的にアルコール飲料の消費量が大幅に増加していることが、市場の成長を促す主な要因の一つです。さらに、消費者の間でアルコールを適度に摂取することの利点に関する認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。アルコール飲料は、若返りや娯楽のための飲み物として広く飲まれていますが、摂取量をコントロールすることで、心臓や血圧に関連する合併症のリスクを最小限に抑えることができると考えられています。これに伴い、プレミアムやスーパープレミアムのアルコール飲料の需要が高まっており、高品質な原料の需要が増加しています。アルコールメーカーは、有害な肥料や農薬、無機化学物質を含まない天然・有機原料の使用を重視しています。これは、市場の成長にプラスの影響を与えています。その他の要因としては、持続可能な原料調達とアルコール製造方法を重視する地ビールメーカーの出現や、幅広い選択肢の中から商品を簡単に入手できるオンライン販売業の普及などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のアルコール原料市場は、成分タイプ別、飲料タイプ別、地域別に分類されています。

成分タイプ別の市場構成

・香料、塩類

・着色料

・酵母

・酵素

・その他

飲料タイプ別の市場構成

・ビール

・ワイン

・ウイスキー

・スピリッツ

・ウォッカ

・ジン

・ラム酒

・テキーラ

・ブランデー

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアルコール原料市場における主要な企業としては、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社、アシュランド社、カーギル社、クリス・ハンセン・ホールディング社、D.D.ウィリアムソン社、ドーラー社、ケリー・グループ社、Koninklijke DSM N.V.、センジェント・テクノロジーズ社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]