ファイバーレーザー市場、2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のファイバーレーザー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

ファイバーレーザーは、ネオジム、ツリウム、エルビウム、ホルミウム、プラセオジムなどの希土類元素を添加した光ファイバーを活性媒体として使用する固体レーザーです。希土類元素を使用することで、高出力でコストパフォーマンスの高いダイオードレーザーの励起光源が得られます。その結果、ファイバーレーザーは、従来のレーザーに比べてコンパクトで信頼性が高く、電気的・光学的に効率が良く、優れたビーム品質と高いピークエネルギーを実現しています。また、光路が密閉されているため、安定性、精度、耐環境性にも優れています。

市場の動向

ファイバーレーザーは、微細加工、生物・医療、通信分野のコーディングやマーキングなど、さまざまな分野で利用されています。また、ファイバーは表面積と体積の比率が大きいため、熱エネルギーを素早く放出し、効率を向上させることができるため、電気や自動車の分野でも人気が高まっています。さらに、集積回路(IC)やウェハーの小型化に対する需要が高まっていることも、市場の成長に貢献しています。これは、ファイバーレーザーがプロセスの速度と精度を最大限に高め、運用コストを最小限に抑えることができるためです。加えて、メーカーは、従来の化学エッチングやインクベースの印刷方法に代わる、自動化されたエネルギー効率の高いファイバーレーザーソリューションの設計に注力しています。そのほかの要因として、グリーン・マニュファクチャリング(環境に配慮した製品づくり)の傾向が強まっていることや、材料メーカーが自社製品の環境への影響を懸念していることも、ファイバーレーザーの採用に拍車をかけています。ファイバーレーザーは、水晶やガスを使用したものに比べてエネルギー消費量が少なく、ダイオードの寿命も長いためです。

主要な市場区分

世界のファイバーレーザー市場は、タイプとアプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・赤外線ファイバーレーザー

・紫外線ファイバーレーザー

・超高速ファイバーレーザー

・可視光ファイバーレーザー

アプリケーション別の市場区分

・切断

・溶接

・マーキング

・精密・微細加工

・医療

・その他

市場の競合状況

世界のファイバーレーザー市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Amonics Limited、Apollo Instruments Inc.、Coherent Inc.、Cy-laser S.r.l.、IPG Photonics Corporation、MKS Instruments Inc.、Omron Corporation、NKT Photonics A/S、Toptica Photonics、Trumpf GmbH + Co. KGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]