無菌包装市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

無菌包装市場は、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長すると予測されています。

無菌包装とは、包装材を滅菌し、超高温(UHT)処理した内容物を充填するプロセスです。これらの包装材は、内容物を微生物の汚染から守り、全体的な品質と衛生を維持するために、照射、熱、化学薬品で処理されます。そのため、乳製品、ソース、肉や野菜のスープなどの加工品の風味、食感、栄養成分を保持し、保存期間を延ばすために、食品・飲料(F&B)業界で広く利用されています。また、医薬品業界では、冷蔵せずに製品の無菌状態を長時間維持するために採用されています。

市場の成長要因

急速な都市化、多忙なライフスタイル、食生活の変化などにより、保存期間が長く、保存が容易なパッケージ食品の需要が高まっています。これは、世界の無菌包装市場の成長を促進する重要な要因となっています。また、自己注射薬やバイオ医薬品の普及に伴い、医薬品、医療検体、反応性液体を安全に長距離輸送する需要が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、市場の主要プレイヤーは、環境への影響を最小限に抑えるために、環境に優しい再生可能な無菌包装材を導入しています。これに加えて、包装表面を介したコロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が懸念されているため、無菌・抗ウイルス包装ソリューションの需要が増加しています。その結果、いくつかの食品・飲料(F&B)メーカーや製薬メーカーは、製品、医療機器、医薬品の無菌性を維持するために、無菌包装ソリューションを重視しています。

主要な市場区分

世界の無菌包装市場は、タイプ別、素材別、用途別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・カートン

・バッグとパウチ

・ボトルと缶

・プレフィルドシリンジ

・バイアルとアンプル

・その他

素材別の市場構成

・プラスチック

・紙・板紙

・金属

・ガラス

・その他

用途別の市場構成

・食品

・飲料

・製薬

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の無菌包装市場における主要な企業としては、Amcor Plc、BD(Becton Dickinson and Company)、E. I. Du Pont De Nemours and Co.、Greatview Aseptic Packaging Co. Ltd.、Industria Macchine Automatiche S.p.A.(SO.FI.M.A.)、Reynolds Group Holdings Limited(Packaging Finance Limited)、Robert Bosch GmbH、Schott AG(Carl-Zeiss-Stiftung)、SIG Combibloc Group AG、Tetra Laval International SAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]