人工椎間板市場、2021年から2026年まで約10%のCAGRで成長見込み

市場の概要

人工椎間板市場は、2021年から2026年の間に約10%のCAGRで成長すると予想されています。

人工椎間板は、損傷した椎間板の機能を模倣するために、腰椎や頸椎に埋め込まれる人工関節装置です。人工椎間板は、医療グレードのポリエチレン、コバルトクロム、またはチタン合金で作られた2枚のエンドプレートで構成されています。軟らかくて圧縮性があり、動きや柔軟性を維持しながら腰痛を和らげる効果があります。最近では、人工椎間板置換術は関節形成術としても知られており、様々な地域で固定術を上回る支持を得ています。人工椎間板置換術は、医師がX線検査、椎間板造影検査、コンピュータ断層撮影(CT)検査、磁気共鳴画像診断(MRI)などの検査を行い、その適応性を判断します。

市場の動向

世界の人工椎間板市場は、変性椎間板症(DDD)の増加、高齢者人口の増加、低侵襲手術(MIS)の導入の増加などが、成長の要因となっています。さらに、人工関節置換術の利点についての認識が高まっていることや、保険会社が提供する償還金が人工椎間板の需要を増加させています。また、各国政府が医療インフラを整備し、メディカルツーリズムを推進していることも、市場の成長を促進する要因となっています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の大量感染により、多くの国の政府が外出禁止令を発令し、社会的な距離を置くことを奨励しています。その結果、いくつかの医療機関では、必要のない人工関節置換術を延期しており、これが市場の成長に影響を与えています。

主要な市場区分

世界の人工椎間板市場は、ディスクタイプ、材料タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

ディスクタイプ別の市場構成

・頚椎用人工椎間板

・腰椎用人工椎間板

材料タイプ別の市場構成

・メタルオンポリマー

・メタルオンメタル

エンドユーザー別の市場構成

・病院・診療所

・外来手術センター

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の人工椎間板市場における主要な企業としては、B. Braun Melsungen Aktiengesellschaft (B. Braun Holding GmbH & Co. KG)、Depuy Synthes Inc. (Johnson & Johnson)、Globus Medical Inc.、Medtronic plc、Nuvasive Inc.、Orthofix Medical Inc.、Paradigm Spine LLC(RTI Surgical Holdings Inc.)、Smith & Nephew Plc、Stryker Corporation、Zimmer Biomet Holdings Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]