偽造防止包装市場、2021年から2026年まで約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

偽造防止包装市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。偽造防止包装とは、製品の侵害や偽造を最小限に抑えるために使用される一種の安全な包装のことです。製品の偽造防止包装には、オバート包装とコバート包装の2種類があります。オバート包装には、ホログラム、色変更可能なセキュリティインクやフィルム、セキュリティグラフィック、製品の連続したラベル、製品上のマーキングなどが含まれます。一方、コバート包装には、不可視印刷、埋め込み画像、デジタルおよび隠れたウォーターマーク、アンチスキャンデザインなどがあります。これらは、製品の真正性と安全性を確保するために、製品の模倣や商標登録された製品の不正な複製を防止するのに役立ちます。そのため、偽造防止包装は、食品・飲料、自動車、ヘルスケア、電子機器など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の成長要因

電子商取引業界の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。また、ブランド意識の高まりや高級品への嗜好が市場の成長を後押ししています。偽造防止包装は、消費者が本物の製品を手にすることを確実にし、メーカー・消費者間におけるブランドロイヤリティと嗜好を維持するのに役立ちます。また、これらのパッケージングソリューションは、偽の医薬品やスキンケア製品の供給を最小限に抑えるために、医薬品業界や化粧品業界でも広く使用されており、これも市場の見通しを明るくしています。さらに、製品の識別、認証、ブランド保護、品質保証のために、マイクロタグやRFID(Radio Frequency Identification)ベースの追跡ソリューションの開発など、さまざまな技術的進歩が市場の成長に貢献しています。また、複製品の生産や流通を最小限に抑えるための厳格な政府政策の実施など、その他の要因も市場をさらに押し上げると予想されます。2021年から2026年の間、世界の偽造防止包装市場は約15%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の偽造防止包装市場は、技術、機能タイプ、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

技術別の市場構成

・バーコード

・RFID

・ホログラム

・タグガント

・その他

機能タイプ別の市場構成

・オバート機能

・コバート機能

最終用途産業別の市場構成

・食品・飲料

・ヘルスケア

・オートモーティブ

・コンシューマーエレクトロニクス

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の偽造防止包装市場における主要な企業としては、3M Company、Alpvision SA、Applied DNA Sciences Inc.、Authentix Inc. (Blue Water Energy LLP)、Avery Dennison Corporation、CCL Industries Inc.、DuPont、Savi Technology Inc.、SICPA Holding SA、SMLグループ、Zebra Technologiesなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]