航空機除氷市場、2021年から2026年にかけてCAGR5%で成長見込み

市場の概要

航空機除氷市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。市場は2021年から2026年にかけてCAGR5%で成長すると予測されています。

航空機除氷とは、航空機の表面に付着した氷、雪、霜を除去するプロセスを指します。解氷剤は通常、エチレングリコールやプロピレングリコールをベースとした液体に、水、腐食防止剤、湿潤剤、染料などを加えて製造されます。これらの薬剤は水の凝固点を下げ、翼、胴体、制御面、ファンブレード、エンジンインレット、プロペラ、センサー、着陸装置など、航空機のさまざまな部品の洗浄を助けます。解氷剤にはタイプI、II、III、IVがあり、離陸前の機体の除染にも使用されます。そのため、軍用機や民間航空機の分野で幅広く使用されています。

市場の成長要因

航空業界の著しい成長は、市場にプラスの影響を与えている重要な要因の一つです。航空機メーカーは、乗客の快適性を高め、特に冬場の離着陸の安全性を確保することを重視しています。さらに、空港の地上設備の近代化と改善も市場の成長を促進しています。また、赤外線式、温水式、蒸気式、強制空冷式、電気式、機械式など、さまざまな技術の進歩も、市場の成長を促す要因となっています。これに伴い、除氷剤メーカーも環境に優しい製品を開発しており、市場の成長に貢献しています。航空会社は、航空機の運用コストを最小限に抑え、アイシングの危険性を低減するために、これらのリサイクル可能な薬剤を採用しています。その他の要因としては、世界的な旅客・貨物輸送量の増加、特に発展途上国での新空港建設の増加などがあり、市場のさらなる拡大が期待されています。

主要な市場区分

世界の航空機除氷市場は、流体タイプ、アプリケーション、機器、地域に基づいて分類されています。

流体タイプ別の市場構成

・タイプI

・タイプII

・タイプIII

・タイプIV

アプリケーション別の市場構成

・軍用

・商業用

機器別の市場構成

・デアイシングトラック

・スイーパー

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の航空機除氷市場における主要な企業としては、B/E Aerospace Inc. (Rockwell Collins Inc.), BASF SE, Clariant AG, General Atomic Technologies, Global Ground Support LLC (Air T Inc.), JBT Corporation (FMC Technologies), Kilfrost Ltd., The Dow Chemical Company, Tronair Inc., UTC Aerospace Systems (Collins Aerospace), Vestergaard Company A/S. などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]