帯電防止剤市場、2021年から2026年まで約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

帯電防止剤市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

帯電防止剤とは、プラスチック材料の静電気の蓄積を最小限に抑えるためにポリマーに添加される様々な化学試薬のことです。帯電防止剤には、外部帯電防止剤と内部帯電防止剤の2種類があります。外部帯電防止剤はプラスチック製品にスプレーして塗布するもので、内部帯電防止剤はプラスチックのマトリックスに混合して練り込むものです。帯電防止剤には、脂肪酸エステル、エトキシル化アミン、モノステアリン酸グリセリン、ジエタノールアミド、アルキルスルホン酸塩、アルキルリン酸塩などがあります。これらの薬剤は、液体、ペレット、粉末、マイクロビーズなどの形態で提供されており、自動車部品やポリスチレン、ポリ塩化ビニル(PVC)、ポリエチレンテレフタレート(PET)ベースのパッケージ製品の製造によく使用されています。

市場の成長要因

特に発展途上国における急速な工業化は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。帯電防止剤は、物体間の静電気の蓄積を最小限に抑えたり、除去したりするために、包装、電子機器、繊維、自動車などの業界で広く採用されています。例えば、自動車業界では、静電気が発生しないことで、エンジンの燃費や稼動寿命が向上します。同様に、繊維産業においても、火花やその他の火災の原因となる布地のまとわりつきを最小限に抑えるために使用されています。さらに、液状の帯電防止剤を開発して拡散性を高めたことなど、さまざまな製品イノベーションも成長の要因となっています。液体タイプの帯電防止剤は、表面に均一に広がるため、主にスプレーや染色の用途に使用されます。その他の要因としては、エレクトロニクス産業の著しい成長や、包装業界における生分解性で使い勝手の良い素材への需要の高まりなどがあり、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の帯電防止剤市場は、形態、製品、ポリマータイプ、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

形態別の市場構成

・液体

・粉末

・ペレット

・マイクロビーズ

製品別の市場構成

・エトキシル化脂肪酸アミン

・モノステアリン酸グリセロール

・ジエタノールアミド

・その他

ポリマータイプ別の市場構成

・ポリプロピレン(PP)

・アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)

・ポリエチレン(PE)

・ポリ塩化ビニル(PVC)

・その他

最終使用産業別の市場構成

・パッケージング

・エレクトロニクス

・自動車

・繊維製品

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の帯電防止剤市場における主要な企業としては、3M、Akzo Nobel N.V.、Arkema S.A.、BASF SE、Clariant AG、Croda International Plc、Dow Chemical Company、Evonik Industries AG (RAG-Stiftung)、Kao Corporation、三菱化学株式会社、Polyone Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]