農業科学市場、2021年から2026年まで10.31%のCAGRで成長見込み

市場の概要

農業科学市場は、2020年に308億4千万米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に10.31%のCAGRで成長すると予想されています。

農業科学とは、様々な農法を研究する生物学の学際的分野を指します。作物生産、農学、土壌科学、園芸学、植物病理学、昆虫学、植物育種、分子生物学、環境科学などの科学的手法の研究を含みます。農業科学は、質と量を向上させるための農業技術の開発、および農産物の生産、保存、包装に主眼を置いています。また、生物農薬、生物刺激剤、遺伝子組み換え(GM)種子など、収穫量を最大化するために使用される様々な製品の開発も行っています。

市場の動向

世界的に持続可能な農法の導入が進んでいることに加えて、農業界が大きく成長していることが、市場に好影響を与えている主な要因の一つです。さらに、世界人口の急増に伴い、食料品の需要が高まっていることも市場の成長を後押ししています。これとは別に、農業科学者たちは、動物飼料やバイオ燃料の品質を向上させるソリューションの開発を重視しています。さらに、作物の品質を向上させ、根の発達を促進するために、酸やエキスをベースにしたバイオスティミュラントを開発するなど、さまざまなイノベーションが成長を促す要因となっています。酸系バイオスティミュラントは、フミン酸、アミノ酸、フルボ酸、タンパク質加水分解物を用いて製造され、エキス系バイオスティミュラントは、葉、根、種子のエッセンスを用いて製造されます。これらには、成長を促す生理活性物質や植物ホルモン、アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。その他の要因としては、政府による有利な政策の実施、広範な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の農業科学市場は、製品別及び地域別に分類されています。

製品別の市場構成

遺伝子組み換え(GM)種子

形質別

・除草剤耐性

・害虫抵抗性

・その他

種子の種類別

・トウモロコシ

・大豆

・コットン

・キャノーラ

・その他

バイオ殺虫剤

・バイオ除草剤

・バイオインセクト

・バイオ殺菌剤

・その他

バイオスティミュラント

酸系

・フミン酸

・フルボ酸

・アミノ酸系

エキス系

・海藻エキス

・その他の植物抽出物

その他

・微生物による土壌改良剤

・キチン・キトサン

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の農業科学市場における主要な企業としては、Agrinos Inc.、Nutrien、Arysta LifeScience Corporation (United Phosphorus Ltd.)、BASF、Bayer、Corteva Agriscience、Novozymes (Novo A/S)、住友化学、Syngenta (ChemChina)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]