自動車用ロッカーパネル市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用ロッカーパネル市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用ロッカーパネルとは、乗用車や商用車の側面に設置された繊維、金属、ステンレススチール製の帯状のものを指します。ドア開口部の下、前輪と後輪の間に固定され、ドアを構造的に支え、補強しています。また、ロッカーパネルは、事故の際に自動車のフレームが中途半端に垂れ下がらないように固定し、車体の変形を防ぐためにも使用されます。さらに、ドアパネルの剥がれや欠けを防ぐ役割も果たしています。

市場の成長要因

自動車産業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。これに伴い、自動車メーカーは、セキュリティ基準を満たし、車の美観を高めるロッカーパネルを開発しています。また、強度、安全性、耐久性に優れた素材を使用した製品も製造されています。さらに、ロッカーパネルの製造に、変性ポリカーボネートやポリブチレンテレフタレートなどの軽量ポリマーを使用するなど、さまざまな製品イノベーションが成長を促進する要因となっています。これらの材料は、自動車の総重量を最小限に抑え、燃費を向上させるのに役立ちます。これに伴い、製品メーカーは、古くて傷んだり浸食されたりしたロッカーパネルを、新しい高度な耐腐食性材料に交換しています。その他の要因としては、輸送分野におけるトラックなどの大型車両の需要増加や、電気自動車やハイブリッド車(EV/HV)の普及などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の自動車用ロッカーパネル市場は、タイプ別、車両タイプ別、販売チャネル別、素材別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・ロアクォーターパネル

・ドアロッカーパネル

車両タイプ別の市場構成

・小型車用

・中型車用

・大型車用

販売チャネル別の市場構成

・アフターマーケット

・OEM(相手先商標製品)メーカー

素材別の市場構成

・ステンレススチール

・ファイバー

・ゴム

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動車用ロッカーパネル市場における主要な企業としては、Auto Metal Direct LLC、Classic 2 Current Fabrication、Putco Inc.、Rugged Ridge (Truck Hero Inc.)、Smittybilt、SMP Deutschland GmbH (Samvardhana Motherson Automotive Systems Group B.V.)、Willmore Manufacturing Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]