データ分析アウトソーシング市場、2021年から2026年の間に21.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

データ分析アウトソーシング市場は、2020年に30億4千万米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に21.5%のCAGRで成長すると予測されています。

データ分析アウトソーシングとは、データを分析するために第三者のアプリケーションや組織を利用することです。これらのサービスは、人工知能(AI)、ロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)、コネクテッドデバイス、ビッグデータレポジトリなどから生成される大量のデータから、実用的なインサイトを生み出すために利用されます。また、様々なデータサイエンス、データビジュアライゼーション、統計調査ツールを用いてデータパターンを分析することでインサイトが生成され、さらに業務効率や収益の向上に活用されます。データ分析アウトソーシングサービスは、企業に高い柔軟性をもたらし、データに最新のツールやサービスを利用できるようにします。その結果、これらのサービスは、銀行・金融サービス・保険(BFSI)、自動車、ヘルスケア、小売、製造、IT・通信など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の成長要因

急速なデジタル化に加え、世界的にクラウドコンピューティングサービスの利用が増加していることが、市場の成長を促す主な要因の一つです。データ分析を行うサードパーティ企業は、統合インターフェースを最適化してパーソナライズすることで、ビジネスオペレーションを改善し、コスト効率を高めています。さらに、専門的な分析ツールの需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。モノのインターネット(IoT)によるコネクテッドデバイスの統合など、さまざまな技術的進歩と、データ駆動型の意思決定手法の導入が進んでいることも、市場の成長を促進する要因となっています。ソーシャルメディアプラットフォームで生成されたデータは、データ分析サービスプロバイダーによって解釈され、ユーザーの行動や市場の動向を把握するために企業で活用されています。その他の要因としては、オンライン小売業の著しい成長や、予測型データ分析システムの導入などがあり、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界のデータ分析アウトソーシング市場は、タイプ、アプリケーション、コンポーネント、最終用途産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・記述型

・予測型

・規範型

アプリケーション別の市場構成

・セールス・アナリティクス

・マーケティング・アナリティクス

・ファイナンス&リスク・アナリティクス

・サプライチェーン・アナリティクス

・その他

コンポーネント別の市場構成

・ソリューション

・サービス

最終用途産業別の市場構成

・小売

・自動車

・製造業

・BFSI

・IT・通信

・その他

市場の競合状況

世界のデータ分析アウトソーシング市場における主要な企業としては、Accenture、Capgemini、Fractal Analytics Inc.、Genpact Ltd.、Infosys Ltd.、IBM、Mu Sigma Inc.、Electrifai LLC、Tata Consultancy Services Ltd.、Trianz、Wipro、ZS Associates Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]