国境警備システム市場、2021年から2026年の間に6.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

国境警備システム市場は、2020年に452億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.2%のCAGRで成長すると予想されています。

国境警備システムとは、国境を保護し、常に監視を続けるために使用される様々なツールや機器を指します。広範囲をスキャンし、リアルタイムでターゲットを特定し、不法移民、密入国者、テロリスト、難民、敵軍などを追跡・監視するために使用されます。一般的に使用される国境警備システムには、航空・沿岸・地上レーダー、赤外線カメラ、レーザー、境界線侵入検知システム、無人車両、コマンド&コントロールシステム、無線周波数ジャマーなどがあります。これらのシステムは、防衛機関や軍が、情報収集、民間人や職員の安全とセキュリティの向上のために導入しています。これらのシステムは、強化された監視能力、正確なターゲット位置、ターゲットのリアルタイム画像を提供し、国境の安全を維持します。

市場の成長要因

世界各地で領土紛争が勃発し、地政学的な不安が高まっていることは、市場の成長を促す主な要因の一つです。さらに、既存の国境警備インフラの近代化も市場成長の原動力となっています。国防軍や軍部は、高度な監視、パトロール、地上攻撃、輸送用航空機、海洋船舶、無人車両を配備しています。これらのシステムは、通常はアクセスが困難な場所から目立たないように情報を入手し、報告拠点との通信を確立するのに役立ちます。また、IoT(Internet of Things)、クラウドコンピューティング、AI(Artificial Intelligence)、ML(Machine Learning)などとの統合による監視能力の向上など、さまざまな技術的進歩も大きな成長要因となっています。また、発展途上国の防衛予算が増加していることや、海上の境界を監視するための海上警備システムの導入が進んでいることなども、市場の見通しを明るくする要因の一つとなっています。

主要な市場区分

世界の国境警備システム市場は、プラットフォームとシステムタイプに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の国境警備システム市場における主要な企業としては、Airbus Group SE, BAE Systems PLC, Controp Precision Technologies Ltd. (Rafael Advanced Defense Systems), Elbit Systems, Flir Systems Inc. (Rafael Advanced Defense Systems), Elbit Systems, Flir Systems Inc., Israel Aerospace Industries Ltd., Leonardo S.p.A., Lockheed Martin Corporation, Moog Inc., Northrop Grumman Corporation, Raytheon Company, Saab AB, Safran Group, Thales SA.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]