ディープフライヤー市場、2021年から2026年の間に3.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のディープフライヤー市場は、2020年に5億2,750万米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に3.4%のCAGRで成長すると予想されています。

ディープフライヤーは、様々な食品を揚げるために油や脂肪を加熱して調理するための調理器具です。フライヤーは通常、家庭用および商業用に製造され、ガス式や電気式などの種類があります。鋳鉄製、黒鋼製、ステンレス製の壁の深い鍋と、揚げ物を入れるバスケットで構成されています。また、ネストバスケット、換気システム、電子温度調節器などを備えたタイプもあります。しかし、業務用フライヤーと比較すると、家庭用は油の容量が少なく、一度に調理できる食材の量も少なくなります。

市場の成長要因

市場に好影響を与えている主な要因として、食品・飲料業界の著しい成長が挙げられます。ディープフライヤーは、カフェ、クイックサービスレストラン(QSR)、ホテル、その他の飲食店で様々な食品を調理するために広く使用されており、これが製品需要の一因となっています。さらに、労働人口の増加や消費者の食生活の嗜好の変化が市場の成長を後押ししています。また、アラームやタイマー、セルフカットシステムを搭載した自動調理器の開発など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらのシステムは、ユーザーの利便性を高め、アラームを鳴らすことで食品の焦げ付きや揚げすぎを防ぎます。その他の要因としては、消費者の可処分所得の増加や、消費者に幅広い選択肢を提供するオンラインショッピングサイトの発展などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のディープフライヤー市場は、タイプ別、容量別、エンドユーザー別、流通チャネル別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・電気式ディープフライヤー

・ガス式ディープフライヤー

容量別の市場構成

・2L未満

・2L-5L

・5L-8L

・8L-14L

・14L超

エンドユーザー別の市場構成

・一般家庭

・クイックサービスおよびフルサービスレストラン

・その他

流通チャネル別の市場構成

・オフライン

・オンライン

市場の競合状況

世界のディープフライヤー市場における主要な企業としては、Ali Group SRL、Breville Group、De’Longhi S.p.A.、Electrolux AB、Eware Appliances、Groupe SEB、Hamilton Beach Brands Holding Company、Henny Penny、National Presto Industries Inc.、Welbilt Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]