静電容量式センサー市場、2021年から2026年の間に5.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

静電容量式センサー市場は、2020年に260億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に5.7%のCAGRで成長すると予想されています。

静電容量式センサーとは、特定の物質に含まれる電荷を帯びた成分の有無を検出する近接センシングデバイスのことです。このセンサーは、対象物の距離を測定するプローブ、振動の変化を電圧に変換する電子ドライバー、結果として生じる電圧変化を表示・記録する電子デバイスで構成されています。一般的には、携帯電話、タブレット、ノートパソコン、トラックパッド、自動車、航空宇宙部品など、さまざまな機器の位置、近接、加速度の検出・測定に使用されています。従来から使用されている抵抗膜方式や誘導膜方式のセンサーに比べて、静電容量式センサーは耐久性や感度に優れ、より正確な測定が可能です。そのため、家庭用電化製品、航空宇宙、ヘルスケア、食品・飲料、自動車など、さまざまな業界で幅広く利用されています。

市場の動向及び推進要因

世界の家庭用電化製品市場の著しい成長と、複雑な製造プロセスの自動化の進展は、市場にプラスの影響を与えている重要な要因の一つです。静電容量式センサーは、スマートフォン、ノートパソコン、タブレット端末、ゲーム機などに搭載されており、不要な金属物の存在や位置を検出することで、製造工程の管理を容易にします。さらに、ヒューマンマシンインタラクションのためのタッチスクリーンディスプレイシステムの普及が市場の成長を後押ししています。これらのセンサーは、インフォテインメント、キーレスエントリー、3Dジェスチャー、室内照明の制御システムに使用されているほか、自動車の駐車時に歩行者などとの衝突を防ぐためにも使用されています。その他、センサーの小型化や、複雑な手術を行うための医療用ロボットの導入が進んでいることなども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界の静電容量式センサー市場は、タイプと最終使用産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・タッチセンサー

・モーションセンサー

・ポジションセンサー

・その他

最終使用産業別の市場構成

・家庭用電化製品

・自動車

・航空宇宙・防衛

・ヘルスケア

・食品・飲料

・石油・ガス

・その他

市場の競合状況

世界の静電容量式センサー市場における主要な企業としては、3M社、アナログ・デバイセズ社、シルク社(アルプス電気株式会社)、インフィニオン・テクノロジーズ社、マイクロチップ・テクノロジー社、NXPセミコンダクターズ社、オムロン社、ルネサスエレクトロニクス社、シュナイダーエレクトリック社、STマイクロエレクトロニクス社、シナプティックス社、テキサスインスツルメンツ社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]