バイオチップ市場、2021年から2026年まで約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオチップ市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約15%のCAGRで成長すると予想されています。

バイオチップとは、複数の生化学反応を同時に行うための広範なマイクロアレイを集めた小型の医療機器のことです。バイオチップには、酵素、タンパク質、DNA、生体分子、抗体など、複数の生物学的分析物のスクリーニングを可能にする多数のバイオセンサーが含まれています。バイオチップは主に、創薬、体外診断、遺伝子発現プロファイリング、一塩基多型のジェノタイピング、農業バイオテクノロジーなどに使用されます。その結果、バイオチップは、様々な製薬会社やバイオテクノロジー企業、研究機関や大学の研究所、医療施設などで広く採用されています。

市場の成長要因

慢性疾患の増加や高齢者人口の増加は、医療分野におけるバイオチップの需要を促進しています。最近では、癌の発生率が増加していることから、体内の癌細胞を早期に発見するためのバイオチップの使用が増加しています。これに伴い、バイオチップは、がん治療のための標的薬剤や個別薬剤の開発に採用されるケースが増えています。また、ウイルス感染や免疫疾患に対する消費者の関心が高まっていることも、バイオチップを用いた創薬・開発の需要を押し上げています。例えば、COVID-19パンデミックの発生を受けて、いくつかのバイオテクノロジー企業や製薬会社は、体内の感染を検出するための新しいバイオチップの開発に注力しています。また、マイクロ流体技術の進歩により、様々な実験用に特別に設計されたバイオチップの導入が進んでいます。さらに、バイオテクノロジー分野における多くの研究開発活動も、デジタルマイクロ流体バイオチップの出現につながっています。消費者の低侵襲手術への志向の変化と、ナノテクノロジーの進歩が、バイオチップの需要をさらに押し上げています。また、がんゲノミクス、プロテオーム、DNA解析など、ヘルスケア分野への投資が拡大していることも、バイオチップ市場の活性化につながると予想されます。

主要な市場区分

世界のバイオチップ市場は、製品タイプ、製造技術、分析方法、アプリケーション、エンドユーザー、地域などに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオチップ市場における主要な企業としては、Agilent Technologies, Inc.、bioMérieux SA、Bio-RAD Laboratories, Inc.、CapitalBio Corporation、Dynamic Biosensors GmbH、EMD Millipore Corporation、Fluidigm Corporation、Illumina, Inc.、Perkinelmer, Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]