重要インフラ保護(CIP)市場、2021年から2026年まで年率3.5%で成長見込み

市場の概要

重要インフラ保護市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて、年率3.5%で成長すると予測されています。

重要インフラ保護(CIP)とは、システムや資産、ネットワークを潜在的な脅威から守るためのセキュリティソリューションを指します。CIPは、ファイアウォール、アイデンティティ&アクセス管理、リスク&コンプライアンス管理、アンチウイルス、侵入検知システム、暗号化システムなど、さまざまなソリューションで構成されています。これらのシステムは、電力網、鉄道、原子力発電所、水力発電所に関連する情報を、公共の安全を脅かし、国家安全保障を攻撃し、環境災害を引き起こす可能性のあるサイバー攻撃から保護します。また、CIPソリューションは、無線技術、産業用制御システム(ICS)、運用技術(OT)、監視制御・データ収集(SCADA)システムを使用することにより、さらなるセキュリティの脆弱性を明らかにしています。

市場の成長要因

世界各地でインフラ整備に脅威を与えるセキュリティ違反やサイバー攻撃が増加していることも、市場成長の主な要因の一つです。また、政府情報のセキュリティと安全性に対する関心の高まりや、産業界におけるBYOD(Bring-Your-Own-Device:自分のデバイスを持ち込むこと)の増加により、CIPシステムに対する需要が高まっています。また、インターネットが急速に普及し、ネットワークが相互に接続されていることから、連邦政府やセキュリティ機関は、サイバースペースを保護し、脅威の脆弱性を最小限に抑える必要があります。さらに、モノのインターネット(IoT)、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能(AI)ソリューションの登場など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。これらのソリューションは、拡張性と費用対効果に優れたデータセキュリティソリューションを提供するため、CIPソリューションが広く導入されています。また、情報技術(IT)インフラの改善やリスク管理サービスの導入拡大など、その他の要因も市場をさらに押し上げる要因になると予測しています。

市場の競合状況

世界の重要インフラ保護市場における主要な企業としては、BAE Systems PLC、Lockheed Martin Corporation、General Dynamics Corporation、Northrop Grumman Corporation、Honeywell International Inc.、Airbus SE、Hexagon AB、Waterfall Security Solutions、General Electric Company、McAfee Inc.、Raytheon Company (United Technologies Corporation)、TPG Capital、Intel Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]