自動車用インタークーラー市場、2021年から2026年の間に約9%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用インタークーラー市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約9%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用インタークーラーは、キャブレターや燃料噴射システムに流入する空気を冷却するための熱交換器であり、過給機やターボチャージャー付き内燃機関の空気対空気または空気対水の冷却器として使用され、圧縮空気から廃熱を取り出します。この製品は、誘導システムの効率を高め、燃焼を改善し、エンジンの信頼性を高めるのに役立ちます。また、燃費を向上させ、温室効果ガス(GHG)の排出量を削減することができます。

市場の成長要因

自動車産業の成長は、自動車用インタークーラー市場の成長を促す重要な要因の一つです。これに加えて、高速走行用のターボチャージャー付きエンジンを搭載したスポーツカーの需要が増加していることも、市場の成長を後押ししています。また、ターボチャージャーは、エンジンの小型化にも貢献し、出力や性能の向上にもつながります。さらに、環境問題への関心の高まりから、多くの国の政府が二酸化炭素(CO2)の排出に厳しい規制を設けています。その結果、世界各地で自動車用インタークーラーの販売が増加しています。これに加えて、大手企業は、機能性を向上させた革新的な製品を発売するために、研究開発(R&D)プロジェクトの拡大に注力しています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・空中挿抜式インタークーラー

・水冷式インタークーラー

デザインタイプ別の市場構成

・前置型インタークーラー

・トップマウント・インタークーラー

・側面設置型インタークーラー

車種別の市場構成

・乗用車

・小型商用車

・大型商用車

・その他

エンジンタイプ別の市場構成

・スーパーチャージャー付きエンジン

・ターボチャージドエンジン

流通チャネル別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

自動車用インタークーラー市場における主要な企業としては、ベル・インタークーラー、フォージ・モータースポーツ社、ギャレット・モーション社、カレ・オト・ラディエーター、ミシモト、モダイン・マニュファクチャリング社、プロアロイ(ホールディングス)社、PWRホールディングス社、トレッドストーン・パフォーマンス・エンジニアなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]