アジア太平洋地域の免税店市場、2021年から2026年まで年率7.3%で成長見込み

市場の概要

アジア太平洋地域の免税店市場は、2020年に375億米ドルの規模に達しました。免税店とは、海外からの旅行者や観光客に独自の販売チャネルを提供するために、商品に対する税金や関税を免除する小売店を指します。免税店は主に国際空港、海港、国境店舗、国際鉄道駅、航空機内などに設置されています。免税店では、香水、化粧品、アルコール、菓子、電子機器、ファッションアクセサリーなど、幅広い商品が販売されています。

市場の動向

アジア太平洋地域では、旅行・観光業の拡大と新規国際線の増加が免税店市場を牽引しています。さらに、都市化の進展やLCC(ローコストキャリア)航空会社の出現も、この地域の免税品販売を促進しています。さらに、国際空港や海港での免税店の出現と成長が、この市場を牽引しています。さらに、その国の文化や遺産に関連した免税品が広く普及していることも、多くの外国人観光客を惹きつけています。さらに、様々な高級ブランドを扱う免税店の人気が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。デジタル化が進み、ソーシャルメディアを利用したマーケティング戦略が浸透してきたことで、多くの小売業者が海外の顧客に自社製品をアピールできるようになりました。また、Eコマースプラットフォームで免税品を入手できるようになったことも、アジア太平洋地域の市場成長を促進しています。さらに、キオスクなどのセルフサービスステーションやその他のインタラクティブな販売チャネルの普及により、小売業者は顧客との言語の壁を乗り越えることができるようになりました。

しかし、2020年初頭に発生したCOVID-19パンデミックは、アジア太平洋地域の免税店市場にマイナスの影響を与えています。このパンデミックにより、アジア太平洋地域では国レベルのロックダウンが発生し、その結果、海外旅行が制限され、市場にマイナスの影響を与えました。しかし、アジア太平洋地域の免税店市場は、2021年から回復し、2021年から2026年の間に年率7.3%で成長すると予想されています。

主要な市場区分

アジア太平洋地域の免税店市場は、製品タイプ別、流通チャネル別、国別に分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・フレグランス・化粧品

・アルコール・スピリッツ

・ファッションアクセサリー

・タバコ用品

・時計・宝飾品

・菓子・高級食品

・エレクトロニクス

・その他

流通チャネル別の市場構成

・空港

・ボーダーショップ

・海港

・航空機内

・鉄道駅

・その他

国別の市場構成

・中国(香港を含む)

・韓国

・日本

・インド

・シンガポール

・タイ

・オーストラリア

・インドネシア

・台湾

・その他

市場の競合状況

アジア太平洋地域の免税店市場における主要な企業としては、China Duty Free (Group) Co. Ltd.、DFSグループLtd. (LVMH)、Dufry AG、Ever Rich D.F.S. Corporation、日本空港ターミナル株式会社、King Power International Company Limited、Lagardère International Co. Ltd.、King Power International Company Limited、Lagardère Travel Retail Pacific (Lagardère Group)、Lotte Duty Free (Lotte Corporation)、Shinsegae DF Inc. (新世界株式会社)、新羅免税店(株式会社ホテル新羅)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]