ニキビ治療薬市場、2021年から2026年まで4.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ニキビ治療薬市場は、2020年に48億2千万米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に4.4%のCAGRで成長すると予想されています。

ニキビ治療薬とは、皮膚の毛包の炎症を特徴とする皮膚科学的な感染症の治療に使用される薬のことを指します。ニキビは、ホルモンバランスの乱れ、脂性肌、古い角質の蓄積、バクテリア、ストレス、水分の摂取不足、糖分・塩分・炭水化物の過剰摂取などが原因で起こります。一般的に使用されるニキビ治療薬には、レチノイド、サリチル酸、アゼライン酸ベースの軟膏、ダプソンベースのゲルなどの外用薬や、抗生物質、抗アンドロゲン剤、イソトレチノインなどがあります。これらの薬剤は、体内の皮脂分泌量を最小限に抑え、皮膚細胞の新陳代謝を促進し、ニキビの発生を抑制し、皮膚の傷跡や損傷を減らし、炎症を予防します。

市場の成長要因

ニキビをはじめとする皮膚関連疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、高級スキンケア製品を使用することのメリットに関する大衆の意識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、副作用が少なく、高い可能性を秘めた効果的な治療薬や新規治療薬の開発が市場を牽引しています。また、天然成分を使用した製品に対する消費者の嗜好が高まっていることも、市場の成長を促す要因となっています。そのため、メーカーは、アロエベラ、緑茶、ハチミツ、ホホバオイル、ローズマリーなどの天然ハーブやオーガニック成分を配合したニキビ治療用製品を開発しています。また、消費者の可処分所得が増加していることや、消費者の肌質に合わせてカスタマイズされたニキビ治療薬を提供するオンライン販売プラットフォームが普及していることなども、市場の見通しを明るくする要因と考えられます。

主要な市場区分

世界のニキビ治療薬市場は、ニキビタイプ、薬効分類、薬剤タイプ、投与経路などに基づいて分類されています。

ニキビタイプ別の市場構成

・コメドナル

・炎症性

・嚢胞性

・術後/創傷

薬効分類別の市場構成

・レチノイド

・抗生物質

・ホルモン剤

・配合剤

・その他

薬剤タイプ別の市場構成

・OTC医薬品

・処方箋薬

投与経路別の市場構成

・局所投与

・経口

・注射薬

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のニキビ治療薬市場における主要な企業としては、Allergan Plc、Bausch Health Companies Inc.、Bayer Aktiengesellschaft、Cipher Pharmaceuticals Inc.、Galderma Holding SA、Johnson & Johnson、Pfizer Inc.、Reckitt Benckiser Group Plc、Skinvisible Pharmaceuticals Inc.、Sun Pharmaceutical Industries Limited、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]