水産養殖市場、2021年から2026年の間に5.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

水産養殖市場は、2020年には約2,334億米ドルの規模に達しました。2021年から2026年の間に市場は5.7%のCAGRで成長すると予想されています。

水産養殖(魚類の養殖)とは、魚類、貝類、藻類、その他の水生生物を繁殖、飼育、収穫、培養する管理されたプロセスを指します。養殖は通常、沿岸の海、淡水の池、川、陸上のタンクで行われます。これにより、食料生産、生息地や絶滅危惧種・絶滅の危機にある種の個体数の回復、水族館の建設などに役立ちます。また、魚介類の飼料を生産することで廃棄物の発生を最小限に抑え、水生生物に安全で自然な繁殖環境を提供し、農業資源や天然資源を最適に利用することができます。水産養殖には、商業用およびレジャー用の海洋漁業を支える観賞魚の生産も含まれます。

市場の成長要因

水産物の需要の高まりと、水生生物の養殖の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、食品や飲料、医薬品、栄養補助食品などの様々な業界で魚油の需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。魚の養殖業者は、効率的な養殖方法を採用することで、水質をコントロールし、全体的な生物学的生産性を維持することができるというメリットを認識するようになってきています。また、水のモニタリング、魚の行動分析、施設のロジスティクス管理のために、技術的に優れた機器を導入しています。これに伴い、フィンフィッシュの種の遺伝子改良、魚の繁殖制御、染色体の操作、沖合や外洋での水生生物の寄生虫疾患のモニタリングなど、広範な研究開発(R&D)活動も、市場をさらに牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界の水産養殖市場は、魚種、環境、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

魚種別の市場構成

・淡水魚

・軟体動物

・甲殻類

・その他

環境別の市場構成

・淡水

・海洋水

・汽水域

流通チャネル別の市場構成

・小売店

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・専門小売店

・オンラインストア

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・北アメリカ

市場の競合状況

世界の水産養殖市場における主要な企業としては、Aquaculture of Texas Inc.、Aquaculture Systems Technologies LLC、Aquafarm Equipment AS、Cermaq ASA、Cooke Aquaculture Inc.、CPI Equipment Inc.、Frea Aquaculture Solutions、Grupo Farallon Aquaculture、Huon Aquaculture Group Pty Ltd.、International Fish Farming Co – Asmak、Leroy Sea Food Group、Nireus Aquaculture S.A.、Selonda Aquaculture S.A. (Andromeda) などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]