自動認識・データ取得(AIDC)市場、2021年から2026年まで14.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動認識・データ取得(AIDC)市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。2021年から2026年の間に市場は14.4%のCAGRで成長すると予想されています。

AIDC(Automatic Identification and Data Capture)とは、データを取得、記録し、デジタルファイルに変換する技術を指します。このデジタルファイルは、画像、音声、その他のデジタルデータで構成されており、人間の介入を必要とせずにコンピュータに直接入力することができます。一般的に使用されているAIDCツールには、バーコードスキャナ、磁気ストリップ、スマートカード、光学式文字認識(OCR)、指紋スキャナ(バイオメトリックシステム)、無線周波数識別(RFID)システムなどがあります。これらのツールは、データエンコーディング、機械スキャン、データデコーディングなどの活動を行い、資産・在庫管理、セキュリティ、ワークフロー管理などに使用されます。

市場の動向と推進要因

デジタル化が進展し、産業界で自動化が進んでいることは、自動認識・データ取得市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、データセキュリティのために高度なAIDCシステムを利用することに対するエンドユーザーの認識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。例えば、金融機関は、金融取引の保護を強化するために、バイオメトリクスやスマートカードなどのソリューションを導入しています。また、医療分野では、情報の可視化、データの正確な取得、業務効率の向上を目的として、これらのツールの利用が増加しています。

また、RFIDシステムの開発など、さまざまな技術的進歩も成長を促す要因となっています。スキャナやタグを含むこれらのデバイスは、スポーツ、製造、小売、教育、物流、ヘルスケア、遠隔測定など、さまざまな分野で使用することができます。また、AIDCソリューションの導入を促進する政府のイニシアチブの実施など、その他の要因も市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界の自動認識・データ取得市場は、提供物、製品タイプ、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

提供物別の市場構成

・ハードウェア

・ソフトウェア

・サービス

製品タイプ別の市場構成

・バーコードスキャナ

・磁気ストライプカード

・スマートカード

・光学式文字認識(OCR)システム

・RFID製品

・バイオメトリックシステム

最終用途産業別の市場構成

・製造業

・小売業

・運輸・物流

・銀行・金融

・ヘルスケア

・官公庁

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の自動認識・データ取得市場における主要な企業としては、Alien Technology LLC、Cognex Corporation、Datalogic S.p.A. (Hydra SpA)、Epson America Inc. (Seiko Epson Corporation)、Godex International Co Ltd.、Honeywell International Inc.、NEC Corporation、NXP Semiconductors N.V.、Sato Holdings Corporation、Sick AG、Synaptics Incorporated、Toshiba TEC Corporation、TSC Auto ID Technology Co. Ltd., Zebra Technologies Corporation.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]