喘息治療薬市場、2026年に191億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

喘息治療薬市場は、2020年に176億米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間にCAGR1.60%で拡大し、2026年には191億3千万米ドルに達すると予想されています。

喘息治療薬とは、喘息の治療に使用される様々な医薬品を指します。喘息は通常、公害、アレルゲン、粉塵など、屋内外の原因物質によって引き起こされます。これらの治療薬は通常、気管支拡張剤や抗炎症剤であり、コルチコステロイド、長時間作用型β-アゴニスト(LABA)、メチルキサンチン、免疫調節剤、ロイコトリエン調節剤などが含まれます。また、吸入、注射、経口投与が可能な併用治療薬も数多く使用されています。これらの薬剤は、肺への通路を広げて空気の移動を可能にし、呼吸を改善します。また、肺に溜まった粘液を除去し、咳をしやすくする効果もあります。

市場の動向と推進要因

喘息をはじめとする呼吸器疾患の増加と診断技術の向上は、市場の成長を促進する重要な要因の1つです。さらに、効果的な喘息治療薬があることに対する一般消費者の認識の高まりも、市場成長の原動力となっています。例えば、喘息患者は主に吸入コルチコステロイドで治療され、進行した状態や持続性のある喘息患者は標的特異的薬剤で治療されます。また、免疫グロブリンEや特定のサイトカインをブロックするモノクローナル抗体(mAb)の需要も拡大しています。また、呼吸器疾患の治療のための併用療法の開発も、成長を促す要因となっています。また、医療費の増加、医学分野における広範な研究開発(R&D)活動、医療インフラの改善なども、市場をさらに活性化させる要因の一つと考えられます。

主要な市場区分

世界の喘息治療薬市場は、薬剤クラス、製品タイプ、治療タイプ、投与経路、地域に基づいて分類されています。

薬剤クラス別の市場構成

・抗炎症薬

・気管支拡張剤

・複合治療薬

製品タイプ別の市場構成

インヘラー

・ドライパウダーインヘラー

・メータードーズインヘラー

・ソフトミストインヘラー

ネブライザー

・空気式ネブライザー

・超音波式ネブライザー

・メッシュネブライザー

治療タイプ別の市場構成

・速効性治療薬

・長期治療薬

投与経路別の市場構成

・吸入

・経口

・非経口

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の喘息治療薬市場における主要な企業としては、AstraZeneca社、Abbott社、Amgen Inc.社、Biogen Inc.社、Boehringer Ingelheim GmbH社、F. Hoffmann-La Roche AG社、GlaxoSmithKline plc社、Merck & Co. Inc.、Novartis AG、Sunovion Pharmaceuticals Inc. (大日本住友製薬株式会社)、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ・リミテッドなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]