コンピュータオンモジュール市場、2021年から2026年の間に5.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

コンピュータオンモジュール市場は、2020年に15億2千万米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に5.5%のCAGRで成長すると予想されています。

コンピュータオンモジュール(CoM)またはシステムオンモジュール(SoM)とは、1枚の回路基板上に設計された完全な組み込みコンピューターのことです。マイクロプロセッサーをベースに構築され、ランダムアクセスメモリー(RAM)、イーサネット、入力または出力(I/O)コントローラー、フラッシュメモリーなど、完全に機能するコンピューターに必要なコンポーネントを備えています。ユーザーは、中央処理装置(CPU)を小型のプロセッサー(ベースボード)に接続し、複雑なコンピューターと同様の様々な機能を実行することができます。これにより、一貫したコスト効率の高いコンピューティングソリューションを提供することができ、様々な製品の製造に必要な時間を最小限に抑えることができます。そのため、産業用オートメーションシステム、医療用電子機器、輸送、通信、ゲームなどの分野で幅広く利用されています。

市場の成長要因

産業界における自動化の進展は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、小型化されたデバイスの普及も市場の成長を後押ししています。例えば、CoMシステムは、小型でユーザーが自律的に操縦できるドローンや無人航空機(UAV)の製造に主に使用されています。また、これらのシステムは、製品開発の迅速化や、信頼性、耐久性、他の機器との相互接続性の向上にも役立ちます。さらに、既製のCoMやアプリケーション専用のキャリアボードをIoT(モノのインターネット)と統合するなど、さまざまな技術的進歩も市場の成長に貢献しています。その他、デジタル化の進展に伴い、ロボット、人工知能、スマートエレクトロニクス、ワイヤレス接続、その他の電子システムにCoMが採用されていることも、市場をさらに押し上げる要因になると予測されます。

主要な市場区分

世界のコンピュータオンモジュール市場は、アーキテクチャタイプ、規格、アプリケーションに基づいて分類されています。

アーキテクチャタイプ別の市場構成

・ARM(Advanced RISC Machines)アーキテクチャ

・x86アーキテクチャ

・Powerアーキテクチャ

・その他

規格別の市場構成

・COM Express

・SMARC(スマートモバイルアーキテクチャ)

・Qseven

・ETX (Embedded Technology Extended)

・その他

アプリケーション別の市場構成

・産業用オートメーション

・医療機器

・輸送機器

・ゲーム

・通信機器

・その他

市場の競合状況

世界のコンピュータオンモジュール市場における主要な企業としては、Aaeon Technology Inc. (ASUSTeK Computer Inc.)、Advantech Co. Ltd.、Axiomtek Co. Ltd.、congatec AG、Digi International Inc.、iWave Systems Technologies Pvt. Ltd.、Kontron S&T AG(S&T AG)、PHYTEC、TechNexion、Toradex Systems (India) Pvt. Ltd.、Varisciteなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]