炭素繊維プリプレグ市場、2021年から2026年の間に8.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

炭素繊維プリプレグ市場は、2020年に約80億米ドルの規模に達しました。今後、市場は2021年から2026年の間に8.4%のCAGRで成長すると予想されています。

炭素繊維プリプレグとは、触媒作用のある樹脂をあらかじめ含浸させた炭素繊維のことです。エポキシ、ポリイミド、フェノール、熱可塑性樹脂などの熱硬化性樹脂を用いて、ホットメルト法やソルベントディップ法で製造されます。これらの繊維は櫛で導かれ、樹脂内容物とのラミネートのためにキャリア紙の上に敷かれ、さらに別のキャリア紙で覆われています。この製品は、高い操作強度と安定性を示し、腐食、劣化、火災、湿気、化学物質に対する耐性を備えています。コストパフォーマンスに優れ、環境にも優しいため、航空宇宙、防衛、自動車、風力発電、スポーツ・レジャー、医療、建築など、さまざまな分野で幅広く利用されています。

市場の成長要因

急速な工業化とグリーンエネルギーの導入の増加は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。さらに、自動車産業の着実な拡大も市場の成長を後押ししています。炭素繊維プリプレグは、バンパー、フェンダー、スプリッター、ホイールアーチャー、ブレーキダクト、ベントなど、様々な自動車部品の製造において、金属に代わって使用されるケースが増えています。さらに、様々な航空宇宙機器の製造に広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。炭素繊維プリプレグは、軽量でありながら高い物理的強度と構造的性能を備えていることから、キャビンライニング、エアダクト、プレナム、バー、シート、パーティション、トレーリングエッジ、ブラケットなどの製造に使用されています。また、テニスラケット、自転車、釣り竿、ゴルフシャフトなど、様々なスポーツ用品の製造にも利用されています。その他にも、様々な製品のイノベーションや広範な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界の炭素繊維プリプレグ市場は、製造プロセス、樹脂タイプ、樹脂、最終用途産業に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の炭素繊維プリプレグ市場における主要な企業としては、Axiom Materials Inc. (Kordsa Incorporated)、Gurit (Tianjin) Composite Material Co. Ltd.、Hexcel Corporation、Koninklijke Ten Cate B.V. (Tennessee Acquisition Holding B.V.), Mitsubishi Chemical Holdings Corporation, Park Aerospace Corp., Plastic Reinforcement Fabrics Ltd., SGL Carbon SE, Solvay (Daikin), TCR Composites Inc. (ATK Launch Systems)、帝人株式会社、東レ株式会社、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]