自動車用ディファレンシャル(差動装置)市場、2021年から2026年まで4.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用ディファレンシャル(差動装置)市場は、2020年に181億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は4.8%のCAGRで成長すると予想されています。

自動車用ディファレンシャル(差動装置)は、旋回中に車輪が異なる速度で回転することを可能にするギアトレインを指します。エンジントルクを2つの別々のユニットに分割することで、エンジンパワーを倍加させ、車輪を異なる速度で回転させることができます。デフは通常、後輪駆動のリアアクスルアッセンブリーに存在し、ピニオンベアリング、スパイダーとサイドギア、サイドベアリング、デフケースとドライブギアで構成されています。オープンディファレンシャル、ロッキングディファレンシャル、リミテッドスリップディファレンシャル、電子制御リミテッドスリップディファレンシャル、トルクベクタリングディファレンシャルが一般的に使用されており、乗用車や商用車に追加されています。

市場の成長要因

自動車産業の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。さらに、商用車や大型車の需要が増加していることも、市場の成長を後押ししています。ディファレンシャルは、自動車の重要なコンポーネントであり、トラクションコントロールを強化してカーブでの車両の操作を容易にし、事故を防止します。また、電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャル(ELSD)の普及も市場拡大の要因となっています。ELSDは、主にスポーツカーやオフロードカーに採用されており、ブレーキシステム、オフロードおよびオンロードでの走行性、快適性、滑りやすい路面での車両の安定性を向上させます。その他の要因としては、消費者の可処分所得の増加、高級車や準多目的車(SUV)への嗜好の高まり、費用対効果の高い効率的な製品を製造するための広範な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の自動車用ディファレンシャル市場は、タイプ別、駆動方式別、車両別、コンポーネント別、推進力タイプ別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャル(ELSD)

・ロッキングディファレンシャル

・リミテッド・スリップ・ディファレンシャル(LSD)

・オープンディファレンシャル

・トルクベクタリングディファレンシャル

駆動方式別の市場構成

・前輪駆動(FWD)

・後輪駆動(RWD)

・AWD/4WD(All Wheel Drive/ Four Wheel Drive)

車両別の市場構成

・乗用車

・小型商用車

・大型商用車

・オフハイウェイ車

コンポーネント別の市場構成

・デフベアリング

・デフギア

・デフケース

推進力タイプ別の市場構成

・I.C.エンジン車

・スパークイグニッションエンジン搭載車

・圧縮着火エンジン搭載車

・電気自動車

・電池式電気自動車

・燃料電池車

・ハイブリッド電気自動車

・ハイブリッド電気自動車

・プラグインハイブリッド車

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

自動車用ディファレンシャル(差動装置)市場における主要な企業としては、American Axle & Manufacturing Inc.、Borgwarner Inc.、Continental AG、Dana Limited、Eaton Corporation Inc.、GKN Plc (Melrose Industries)、JTEKT Corporation (Toyota Motor Corporation)、Linamar Corporation、PowerTrax、Schaeffler Group、ZF Friedrichshafen AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]