アミューズメントパーク市場、2021年から2026年の間に5.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

アミューズメントパーク市場は、2020年に547億米ドルの規模に達しました。市場は2021年から2026年の間に5.4%のCAGRで成長すると予想されています。

アミューズメントパークとは、架空のキャラクターやテーマをもとにした野外の娯楽施設です。縁日やピクニックガーデンの延長線上で商業的に運営されており、あらゆる年齢層の人々が利用しています。機械式の乗り物、ウォーターパーク、テーマパーク、アーケード、カジノ、スポーツベッティング施設、ホテル、リゾート、リフレッシュメントゾーンなど、さまざまなアミューズメント施設があります。また、子供から大人まで楽しめる高解像度(HD)の音楽や光のショー、演劇など、臨場感あふれる映画体験を提供している場合もあります。

市場の動向

急速な都市化と旅行・観光産業の著しい成長は、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、アミューズメントパークでは、革新的な乗り物や宿泊施設、公式グッズなどが提供されていることも、市場の成長を後押ししています。アミューズメントパークのオーナーは、市場を拡大するために、食品、飲料、衣類、グッズなど、テーマに沿ったアトラクションを通じて、数々の冒険的で魅力的な体験を提供しています。さらに、油圧、空気圧、アニマトロニクス、IoT(Internet-of-Things)などの高度な技術を駆使したソリューションの導入が進んでいることも、市場の成長を促進する要因となっています。これらのソリューションは、パーク内のすべての活動を追跡・監視したり、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術を使って来場者にインタラクティブな体験を提供するのに役立ちます。その他の要因としては、可処分所得の増加や娯楽に対する消費者支出の増加、テーマ型アミューズメントパークへの投資の増加、4D乗り物や巨大ジェットコースターの開発などがあり、これらが市場をさらに押し上げると予想されます。しかし、コロナウイルス(COVID-19)パンデミックにより、市場の成長は影響を受けましたが、短期的には回復する見込みです。これは、多くの国で社会的距離を置く規範が確立されたことに起因すると考えられます。

主要な市場区分

世界のアミューズメントパーク市場は、乗り物、収益源、年齢層、地域に基づいて分類されています。

乗り物別の市場構成

・機械の乗り物

・水の乗り物

・その他

収入源別の市場構成

・チケット

・フード&ビバレッジ

・マーチャンダイズ

・ホテル・リゾート

・その他

年齢層別の市場構成

・18歳まで

・19歳から35歳まで

・36歳から50歳まで

・51歳から65歳まで

・65歳以上の方

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のアミューズメントパーク市場における主要な企業としては、Ardent Leisure Group、Cedar Fair Entertainment Company、Chimelong Group Co. Ltd.、Comcast Corporation、Fantawild Holdings Inc. (Shenzhen Huaqiang Holdings Ltd.)、IMG Worlds of Adventure、Merlin Entertainments (The Blackstone Group)、SeaWorld Parks & Entertainment Inc.、Warner Media LLC、The Walt Disney Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]