データ収集(DAQ)システム市場、2026年に26億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

データ収集(DAQ)システムの世界市場は、2020年に14億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間にCAGR 11.98%で成長し、2026年には26億2千万米ドルの市場規模に達すると予測されています。

データ収集(DAQ)システムは、様々なセンサーを用いて、電圧、電流、温度、圧力、音などの物理現象に関する情報をアナログ信号の形で収集します。DAQシステムには、信号調整回路やアナログ・デジタル・コンバーター(ADC)が含まれており、入力された信号を処理して、さらに検討や分析を行います。自動車、航空機、大型機械、医療機器などの商用製品を製造する際に、優れた制御性と故障への迅速な対応を実現します。そのため、品質管理、燃焼解析、プロセス制御、研究開発など、さまざまな分野で活用されています。

市場の動向と成長要因

制御システムとDAQソリューションの統合により、リアルタイム制御と記録後のデータの可視化と分析が可能になり、業界成長の重要な要因の1つとなっています。また、食品・飲料業界では、食品の品質管理を向上させるためにSCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)システムの導入が進んでおり、これがDAQシステムの需要にプラスの影響を与えています。また、IoT(Internet of Things)によるホームオートメーションシステムへの採用も、需要の増加につながっています。さらに、DAQシステムは医療データの伝送を容易にし、医療の質を向上させるため、ヘルスケア業界での製品応用が拡大しており、市場の成長を促しています。その他、送配電(T&D)部門への投資の増加、無線通信技術の進歩、産業オートメーションの増加などの要因が、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のデータ収集(DAQ)システム市場は、コンポーネントタイプ、速度、チャンネル、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネントタイプ別の市場構成

・ハードウェア

・外部シャーシおよびモジュール

・プラグイン式アナログI/Oボード

・ソフトウェア

・バンドル

・サードパーティ

速度別の市場構成

・高速 (>100 KS/s)

・低速 (<100 KS/s)

チャンネル別の市場構成

・32チャンネル未満

・32~128チャンネル

・128チャンネル超

エンドユーザー別の市場構成

・航空宇宙・防衛

・エネルギー・電力

・自動車・輸送

・無線通信・インフラ

・水処理・廃水処理

・ヘルスケア

・食品・飲料

・その他

市場の競合状況

世界のデータ収集(DAQ)システム市場における主要な企業としては、ABBグループ、AMETEK Inc.、Emerson Electric Co.、Fortive Corporation、General Electric (GE) Company、Honeywell International Inc.、Keysight Technologies、National Instruments Corporation、Rockwell Automation Inc.、Schneider Electric SE、Siemens AG、Spectris PLC、Yokogawa Electric Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]