ポリメラーゼ連鎖反応市場、2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のポリメラーゼ連鎖反応市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長すると予想されています。

ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)とは、DNAの断片を複数コピーするために使用される分子診断技術を指します。PCR装置を用いて、あらかじめプログラムされた自動手順でサンプルの温度を操作し、数百万コピーのDNA配列を正確に生成します。この技術は、病気の原因となる微生物を特定し培養するもので、結核、後天性免疫不全症候群(AIDS)、感染症、ライム病などの検出に役立ちます。そのため、遺伝学、バイオテクノロジー、分子生物学、創薬、臨床診断など、ライフサイエンスに関連する様々な分野で幅広く利用されています。

市場の動向と推進要因

様々な感染症や遺伝性疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、慢性的な病気にかかりやすい高齢者人口が世界的に増加していることも、市場の成長を後押ししています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの発生により、感染症の正確な診断と早期発見のためにPCR技術が広く採用されるようになりました。また、PCR装置は、汚染のリスクやプロセス全体におけるヒューマンエラーの可能性を最小限に抑えることができます。

また、個別化医療や高精度医療への需要が高まっていることも、市場の見通しを明るくしています。これらの医薬品は、オーダーメイドの治療法を提供することを目的としており、PCR技術を用いて特定・開発されます。その他の要因としては、臨床診断への応用の増加や、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のポリメラーゼ連鎖反応市場は、製品及びエンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場構成

機器

・標準PCRシステム

・デジタルPCRシステム

・リアルタイムPCRシステム

試薬・消耗品

ソフトウェアとサービス

エンドユーザー別の市場構成

・学術・研究機関

・臨床診断機関および病院

・製薬会社、バイオテクノロジー企業

・その他

市場の競合状況

世界のポリメラーゼ連鎖反応市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc.、BD (Becton, Dickinson and Company)、BioMérieux (Institut Mérieux SA)、Bio-RAD Laboratories Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG、Fluidigm Corporation、Merck KGaA、Perkinelmer Inc.、Promega Corporation、Takara Bio Inc.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]