パワーオーバーイーサネット(PoE)チップセット市場、2021年から2026年の間に約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のパワーオーバーイーサネット(PoE)チップセット市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約12%のCAGRで成長すると予想されています。

パワーオーバーイーサネット(PoE)チップセットは、電気信号とデータの両方をケーブルで転送するために使用される集積回路(IC)のコンポーネントで、個別の電源コードを使用する必要がありません。このチップセットは、近接センサー、VoIP電話、イーサネットスイッチ、無線LANアクセスポイント、パン・チルト・ズームカメラなどに使用されています。また、業務用オーディオコントロール、デジタルサイネージ、スモールセル無線ユニット、工業用アクセスコントロール、コネクティングライティングなどのアプリケーションに、高い相互運用性、信頼性、利便性、総合的なソリューションを提供します。

市場の成長要因

急速な工業化に伴い、世界中でIP(Information Protocol)テレフォニーの導入が進んでいることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、ネットワークセキュリティカメラ、無線アクセスポイント、イーサネットベースのRFID(Radio Frequency Identification)リーダーなどの普及により、PoEチップセットの需要が高まっています。また、大電力機器におけるエネルギー効率の高いPoEソリューションの開発など、さまざまな技術の進歩も成長を促す要因として作用しています。また、PoEチップセットには、インフラ管理の簡素化、メンテナンスの利便性、ダウンタイムの低減、設置の柔軟性や費用対効果の向上など、さまざまなメリットがあります。さらに、スマートビルディング、自動化工場、産業用ネットワークにおけるIIoT(Industrial Internet-of-Things)やIoTの導入が進んでいることも、市場の見通しを明るくしています。その他にも、特に新興国での著しいインフラ整備や、ビッグデータ分析やクラウドベースのサービスの活用などが、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

世界のパワーオーバーイーサネット(PoE)チップセット市場は、タイプ別、規格別、デバイスタイプ別、アプリケーション別、エンドユース分野別に分類されています。

市場の競合状況

世界のパワーオーバーイーサネット(PoE)チップセット市場における主要な企業としては、アナログ・デバイセズ、シスコ・システムズ、デルタ・コントロールズ、キネティック・テクノロジーズ、マキシム・インテグレーテッド、マイクロセミ・コーポレーション(マイクロチップ・テクノロジー)、モノリシック・パワー・システムズ、NXPセミコンダクターズN.V.、オン・セミコンダクター・コーポレーション、セムテック・コーポレーション、シリコン・ラボラトリーズ、STマイクロエレクトロニクスN.V.、テキサス・インスツルメンツ・インコーポレーテッドなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]