カウンターIED(即席爆発装置)市場、2021年から2026年にかけて約3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

カウンターIED(即席爆発装置)の世界市場は、2021年から2026年にかけて約3%のCAGRで成長すると予想されています。

カウンターIED(即席爆発装置)とは、爆発装置からの脅威に対抗するために使用される法執行機関や反乱軍の装備を指します。IEDは主に軍や国土安全保障機関で使用され、主に車両、船舶、航空機に配備されています。例えば、軽量車両や戦車には、電子爆発物探知装置、即席爆発装置(NIED)の無力化装置、場所の追跡や地下の爆発物の爆発を防ぐためのジャマーなどが搭載されています。これらの装置は、戦場での活動や、対反乱、対テロ、法執行活動のためのIEDの処理に不可欠です。

市場の成長要因

カウンターIED市場の主な成長要因の一つとして、犯罪行為の増加が挙げられます。また、テログループに対するセキュリティソリューションの必要性が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。カウンターIEDは、公的機関や民間企業が業務を守り、テロ攻撃の発生を防ぐために使用されています。さらに、国境を越えた反乱を最小限に抑え、国家の安全を促進するために政府が有利な政策を実施していることも、市場の成長を後押ししています。また、様々な発展途上国がカウンターIED作戦のために無人車両搭載システムを構築しています。さらに、IEDや地雷を検知するために使用される地中レーダー(GPR)、生物学的検知システム、核・地震・熱検知センサーの開発などの技術的進歩も、市場の成長を促す主な要因となっています。また、防衛インフラの整備、軍事システムの近代化、研究開発への注力などを目的とした政府の好意的な政策が、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のカウンターIED市場は、能力、展開タイプ、アプリケーションに基づいて分類されています。

能力別の市場構成

・検知

・対策

展開タイプ別の市場構成

・車両搭載型IED検出システム

・船舶搭載型IED検出システム

・航空機搭載型IED検出システム

・ハンドヘルドIED検出システム

・その他

アプリケーション別の市場構成

・軍事

・ホームランドセキュリティ

市場の競合状況

世界のカウンターIED(即席爆発装置)市場における主要な企業としては、Allen-Vanguard Corporation、BAE Systems Land & Armaments Inc、Chemring Group Plc、Elbit Systems Ltd.、L3 Technologies Inc.、Lockheed Martin Corporation、Northrop Grumman Corporation、Raytheon Technologies (United Technologies Corporation)、Rheinmetall Aktiengesellschaft、Sierra Nevada Corporation、Thales Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]