冷却塔市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

冷却塔市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長すると予測されています。

冷却塔は、廃熱を大気中に放出するために水を利用した熱除去装置です。冷却塔は、節水、最適冷却、費用対効果、エネルギー効率、耐腐食性、設置の容易さ、長寿命、高い構造強度、騒音の低減など、さまざまな利点があります。そのため、暖房・換気・空調(HVAC)システム、石油精製所、冷蔵倉庫、発電所、食品加工工場などで幅広く使用されています。また、空港、学校、病院、ホテルなどの大型商業施設の快適な冷房にも使用されています。

市場の動向

可処分所得の増加、さまざまな分野での電化の進展、家電製品の販売増などにより、電力需要は世界中で着実に増加しています。このことは、世界の冷却塔市場の成長を促す大きな要因の一つとなっています。さらに、多くの国の政府が厳しい環境規制を実施していることから、原子力発電所の導入が増加しており、これが市場成長のさらなる原動力となっています。また、今後の建設ラッシュに伴い、HVACシステムの利用が増加していることも、冷却塔の需要にプラスの影響を与えています。さらに、3D TRASAR技術を導入することで、冷却塔システムのスケール、腐食、微生物の性能を検出、判定し、改善することができるため、今後数年間でさまざまな産業分野での応用が拡大すると予想されます。2020年には、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、製造工場や工業工場、建設活動が一時的に停止するなど、市場に悪影響を及ぼしましたが、今後数年間は緩やかな成長が見込まれています。

主要な市場区分

世界の冷却塔市場は、タワータイプ、フロータイプ、デザイン、建設材料、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の冷却塔市場における主要な企業としては、Babcock & Wilcox Enterprises Inc.をはじめ、Baltimore Aircoil Company Inc. (アムステッド・インダストリーズ社)、ブレントウッド・インダストリーズ社、デルタ・クーリング・タワーズ社、エネクシオ・マネジメント社、ハモン・コーポレーション(ハモン&シー社)、インターナショナル・クーリング・タワー社、ジョンソン・コントロールズ社、SPXクーリング・テクノロジーズ社、レイムサ・クーリング・タワーズ社、サーマル・ケア社(Thermal Care Inc. (IPEG Inc.)、Thermax Limited (RDA Holdings Private Limited)などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]