カプノグラフィ機器市場、2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

カプノグラフィ機器市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約8%のCAGRで成長すると予測されています。

カプノグラフィ機器とは、患者の血流中に存在する二酸化炭素(CO2)の量を測定するために使用される様々な医療機器を指します。カプノグラフィ機器は、体内の二酸化炭素の吸気と呼気の濃度を測定します。この機器は、麻酔を受ける患者が手術中に十分な酸素を摂取していることを確認するために使用されます。これらの機器は、メインストリーム、サイドストリーム、マイクロストリームの技術をベースにしたハンドヘルド型、スタンドアロン型、マルチパラメータ型があります。また、呼吸困難の原因を診断したり、治療効果をリアルタイムでフィードバックしたり、ショックを検知したりすることもできます。

市場の成長要因

肺塞栓症や喘息などの呼吸器疾患や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、これらの機器は、コロナウイルス病(COVID-19)に罹患している集中治療中の患者のモニタリングにも使用されています。さらに、肺疾患に罹患しやすい高齢者人口の増加も、市場の成長を促進する要因となっています。カプノグラフィ機器は、患者の手術や術後のケアに広く使われており、手術室、回復室、救命室、病棟、救急車などで一般的に使用されています。また、接続・滅菌いずれも容易で、挿管されていない物質の正確なモニタリングを可能にする技術的に優れたデバイスの開発など、さまざまな製品イノベーションが市場の成長を促す要因となっています。さらに、光検出器を内蔵したタイプや、分子相関分光法を採用したタイプ、高精度で流量調整が可能な小型のマルチガスモニターなどが発売され、市場を牽引しています。また、医療インフラの大幅な改善や、携帯型やPOC(ポイントオブケア)型のカプノグラフィ機器の開発など、その他の要因も市場に好影響を与えるものと予測されます。

主要な市場区分

世界のカプノグラフィ機器市場は、製品、製品タイプ、技術、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界のカプノグラフィ機器市場における主要な企業としては、BD(Becton, Dickinson and Company)、Burtons Medical Equipment Ltd.、Criticare Technologies Inc. (Opto Cardiac Care Limited)、FUTEK Advanced Sensor Technology Inc.、DiaMedica Therapeutics Inc.、Drägerwerk AG、EDAN Instruments Inc.、Hill-Rom Services Inc.、Infinium Medical、Koninklijke Philips N.V.、Masimo Corporation、Medtronic Inc.、日本光電工業株式会社、Nonin Medical Inc.、Smiths Medical Md Inc.、Zoe Medical Incorporatedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]