ネットワークアタッチトストレージ市場、2021年から2026年の間に約17%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のネットワークアタッチトストレージ市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約17%のCAGRで成長すると予想されています。

ネットワークアタッチトストレージ(NAS)は、IPベースのファイル共有デバイスで、データやリカバリーのソリューションを容易に提供します。NASは、安全で信頼性の高い方法でデータを集中的に保存し、他のネットワークからのデータアクセスを可能にします。プロトコルとしてネットワークファイルシステム(NFS)とコモンインターネットファイルシステム(CIFS)を採用しており、ネットワーク接続を利用して遠隔地からデータにアクセスすることができます。現在、世界中のさまざまな組織で、給与計算、電子メールシステムのサポート、会計データベース、ビデオ録画・編集、データの記録、ビジネス分析などに幅広く利用されています。

市場の動向

急速なデジタル化と無線通信技術の普及は、世界のNAS市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、NASシステムは効果的で拡張性があり、コスト効率が高いため、世界中の中小企業で人気を博しています。さらに、継続的なデータアクセスを可能にすることで、チームのコラボレーションや顧客へのタイムリーな対応を強化し、データの管理とセキュリティを向上させることができます。これに加えて、いくつかのクラウドベースのサービスプロバイダーは、コストの最適化、パフォーマンスの管理、ロケーションとセキュリティのコントロールを提供するために、NASサービスの統合に注力しています。さらに、銀行、金融サービス、保険(BFSI)分野では、機密データの量が増加しているため、大手メーカーは合理的なコストで安全なデータストレージを実現するためにNASシステムを採用しています。これとは別に、ホームネットワークへの接続、複数のパーソナルコンピュータ(PC)へのリモートアクセス、スマートフォンのデータ同期など、多機能なNASシステムの導入が今後数年間の市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界のネットワークアタッチトストレージ市場は、製品タイプ、ストレージソリューション、展開タイプ、最終用途産業に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・ハイエンド・エンタープライズNAS

・ミッドマーケットNAS

・ローエンドNAS

ストレージソリューション別の市場区分

・スケールアップ

・スケールアウト

展開タイプ別の市場区分

・オンプレミス

・クラウドベース

・ハイブリッド

最終用途産業別の市場区分

・銀行・金融サービス・保険(BFSI)

・消費財・小売

・通信・IT

・ヘルスケア

・エネルギー

・政府機関

・教育・研究

・メディア・エンタテインメント

・その他

市場の競合状況

世界のネットワークアタッチトストレージ市場における主要な企業としては、Buffalo Americas Inc.、Dell Technologies Inc.、Hewlett Packard Enterprise Company、Hitachi Data Systems Corporation、IBM Corporation、NetApp Inc.、Netgear Inc.、QNAP Systems Inc.、Seagate Technology Plc、Synology Inc.、Western Digital Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]