バイタルサインモニタリングデバイス市場、2021年から2026年の間に6.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイタルサインモニタリングデバイスの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.6%のCAGRで成長すると予想されています。

バイタルサインモニタリングデバイスとは、患者のバイタルサインをモニタリングするための様々な医療機器を指します。血圧計、パルスオキシメータ、体温計などがあり、血圧、体温、脈拍、呼吸数などのバイタルサインを測定するために使用されます。これらの機器は、携帯可能な小型で信頼性が高く、医療現場や集合住宅、緊急時の現場に設置することができます。また、活動量やフィットネスレベルをモニタリングすることで、健康状態の把握や病気の早期診断にも利用できます。

市場の動向

世界的に慢性疾患や生活習慣病が増加していることは、市場の成長を促す重要な要因となっています。また、高齢者人口の増加や家庭用モニタリング機器に対する意識の高まりも、市場の成長を後押ししています。家庭用バイタルサインモニタリングデバイスは、費用対効果が高く、使いやすく、マルチパラメータモニターを使用して身体の様々な生理的パラメータを測定できるため、需要の拡大に貢献しています。これとは別に、COVID-19(コロナウイルス感染症)の感染拡大により、患者の健康状態を把握し、適切なケアを提供し、回復を予測するために、これらの機器の需要が大幅に増加しています。さらに、健康モニタリングデバイスにブルートゥース、センサー、マイクロ電気技術を搭載するなど、さまざまな技術的進歩も市場の明るい展望を生み出しています。その他、医療インフラの改善やウェアラブルヘルスケア機器の導入拡大などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界のバイタルサインモニタリングデバイス市場は、製品タイプとエンドユーザーに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

BPモニタリングデバイス

・アネロイド式BPモニター

・自動BPモニター

パルスオキシメータ

・卓上型/ベッドサイド型パルスオキシメータ

・フィンガーチップ

・ハンドヘルド型

・手首装着型

・小児用パルスオキシメータ

体温計

・水銀式体温計

・デジタル体温計

・赤外線体温計

・温度ストリップ

その他

エンドユーザー別の市場区分

病院・診療所

外来手術センター(ASC)

ホームケア

その他

市場の競合状況

世界のバイタルサインモニタリングデバイス市場における主要な企業としては、A&D Company Ltd., Contec Medical Systems Co. Ltd.、GEヘルスケア、Koninklijke Philips N.V.、Masimo、Medtronic、日本光電工業、Nonin Medical Inc.、Omron Healthcare Inc.、Smiths Group Plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]