モバイルおよびワイヤレスバックホール市場、2021年から2026年の間に約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のモバイルおよびワイヤレスバックホール市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

モバイルバックホール(MBH)とは、有線および無線ネットワークを介してセルサイトのエアインターフェースをデータセンターに接続するプロセスのことを指します。洗練されたネットワークタイミングをサポートし、高いネットワーク速度と高速ユーザー速度を提供し、OAMP(Operation, Administration, Maintenance and Provisioning)を同期させます。一方、ワイヤレスバックホールは、マイクロ波や衛星通信のインフラを利用して、インターネット、音声、ビデオデータをノードから中央ネットワークに供給します。ワイヤレスバックホールは、大規模なマクロサイトを必要とし、全体的なインフラコストを増加させる有線ネットワークに比べて、現在、非常に大きな支持を得ています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、多くの国で政府による完全閉鎖が実施されており、ほとんどの人々が、仕事、注文、娯楽などの目的でインターネットに依存しています。その結果、ネットワークの混雑が顕著になり、それがモバイルおよびワイヤレスバックホールの需要にプラスの影響を与えています。また、高速のLTE(Long Term Evolution)接続の導入により、モバイルデータネットワークへのアクセスが増加しています。さらに、無線通信ネットワークの普及率が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。これに加えて、複数の移動体通信事業者(MNO)が、高性能で統合された音声/データサービスを提供するために、ネットワークをインターネットプロトコル(IP)にアップグレードしており、これが市場の成長をさらに促進しています。さらに、バックホールネットワークにNFV(Network Function Virtualization)やSDN(Software-Defined Networking)の技術を導入し、低コストでトラフィックを最適化する動きも見られます。

主要な市場区分

世界のモバイルおよびワイヤレスバックホール市場は、機器タイプ、ネットワークトポロジー、サービスに基づいて分類されています。

機器タイプ別の市場区分

・マイクロ波機器

・ミリメートル波機器

・サブ6Ghz機器

・試験・計測機器

ネットワークトポロジー別の市場区分

・ポイント・トゥ・ポイント構成(PTP)

・ポイント・トゥ・マルチポイント構成(PTM)

サービス別の市場区分

・ネットワークサービス

・システムインテグレーションサービス

・プロフェッショナルサービス

市場の競合状況

世界のモバイルおよびワイヤレスバックホール市場における主要な企業としては、AT&T Inc.、Bridgewave Communications Inc. (REMEC Broadband Wireless Networks), Broadcom Corporation (Avago Technologies), Cambridge Broadband Networks Ltd., Cisco Systems Inc., Ericsson AB, Fujitsu Ltd., Huawei Technologies Co. Ltd.、Nokia Oyj、Tellabs Inc. (Marlin Equity Partners LLC)、ZTE Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]