プレパッククロマトグラフィーカラム市場、2021年から2026年の間に3.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

プレパッククロマトグラフィーカラムの世界市場は、2020年に22億4,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は3.5%のCAGRで成長すると予想されています。

プレパッククロマトグラフィーカラムとは、混合物から特定の化学物質を除去するために使用される充填済みのカラムを指します。イオン交換、疎水性固定相、マルチモーダルなど、さまざまなクロマトグラフィーに使用されています。この製品は、時間と手間のかかるクロマトグラフィーカラムの充填作業を支援し、化学物質の処理に時間を割くことができます。また、ハードウェアを洗浄する必要がなく、複数のクロマトグラフィー樹脂を同時に使用してメディア評価を行うことができます。そのため、製薬、バイオテクノロジー、食品・飲料、研究などの分野で幅広く利用されています。

市場の動向

製薬業界の大幅な成長に加え、創薬や生物学的研究での製品利用が増加していることが、市場の成長を支える重要な要因となっています。メーカーは、コスト効率が高く、希少疾患や新規疾患の治療に役立つワクチンやモノクローナル抗体の製造に、パッケージ型クロマトグラフィーカラムを使用しています。また、農業分野でのプレパッククロマトグラフィーカラムの普及も市場の成長を後押ししています。これらのカラムは、植物成長ホルモンの分析や残留農薬の分析に使用され、作物に汚染物質が含まれていないことを確認します。食品・飲料業界では、生鮮食品や加工食品に含まれる揮発性の香り成分の分析や、微生物による脂肪や脂質の酸化分解の化学的研究に使用されています。その他、シングルユース製品の需要拡大や、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界のプレパッククロマトグラフィーカラム市場は、タイプ、手法、アプリケーション、エンドユースに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・100ML未満

・100~1,000ML

・1,001ML以上

手法別の市場区分

・疎水性静置型クロマトグラフィー

・イオン交換クロマトグラフィー

・マルチモーダル・クロマトグラフィー

・その他

アプリケーション別の市場区分

・樹脂スクリーニング

・タンパク質の精製

・試料調製

・アニオンおよびカチオン交換

・その他

エンドユース別の市場区分

・製薬・バイオテクノロジー

・研究機関

・水・環境

・食品・飲料

・その他

市場の競合状況

世界のプレパッククロマトグラフィーカラム市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc.、Bio-RAD Laboratories Inc.、Knauer Wissenschaftliche Geräte GmbH、Merck & Co. Inc.、Pall Corporation(Danaher Corporation)、Repligen Corporation、Shimadzu Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.、Tosoh Corporation、Waters Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]