ウォータージェット切断機市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ウォータージェット切断機の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

ウォータージェット切断機(WCM)とは、高圧のウォータージェット流を利用して、さまざまな素材を切断・成形する産業用ツールのことです。ウォータージェットは、金属、ガラス、発泡体、反射材などの素材を、溶かしたり、ゆがめたり、変形させたりすることなく切断することができる水や研磨液で構成されています。この機械は切断に熱を必要としないため、高温に弱い素材の品質を維持することができます。また、高精度な切断、異種材料の切断、水の消費量が少ないなど、さまざまなメリットがあります。そのため、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙・防衛、食品・飲料、鉱業、金属加工、紙加工、繊維など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の動向

世界的に急速な工業化が進んでいることが、市場の成長を促進する重要な要因となっています。また、自動車産業に製品が広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。WCMは、メタルガスケット、自動車用ブレーキディスク、クラッチ、複雑な装飾用金具やブラケットなどの製造に使用されます。さらに、航空機のタービンやジェットエンジンに使用される複合材料を用いた部品の製造にも広く使用されています。加えて、精密な切削加工を可能にするマイクロWCM、3D WCM、ロボットWCMの開発など、さまざまな技術的進歩も市場成長を促す要因となっています。さらに、WCMは軍事・防衛分野において、誘導ミサイル、機体、宇宙船などの開発に使用されています。その他にも、急速な都市化や、工業生産や金属加工産業の著しい成長なども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられています。

主要な市場区分

世界のウォータージェット切断機市場は、タイプ別、製品タイプ別、馬力別、マシンサイズ別、アプリケーション別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・ピュア

・研磨剤

製品タイプ別の市場区分

・3Dウォータージェット切断機

・マイクロウォータージェット切断機

・ロボティック・ウォータージェット切断機

馬力別の市場区分

・0~50馬力

・51~100馬力

・その他

マシンサイズ別の市場区分

・小型

・中型

・大型

アプリケーション別の市場区分

・自動車

・エレクトロニクス

・航空宇宙・防衛

・鉱業

・金属加工

・その他

市場の競合状況

世界のウォータージェット切断機市場における主要な企業としては、A. Innovative International Limited、Colfax Corporation、Dardi International Corporation、Flow International Corporation (Shape Technologies Group)、Hornet Cutting Systems、Hypertherm Inc.、Jekran Ltd.、Jet Edge Inc.、KMT GmbH、Koike Aronson Inc.、Lincoln Electric Holdings Inc.、Semyx LLC、Wardjet LLC (AXYZ International Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]