蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブ市場、2021年から2026年の間に6.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場は、2020年に7億1,320万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.1%のCAGRで成長すると予想されています。

蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブとは、蛍光プローブを用いて遺伝物質を可視化するサブアトミックな細胞遺伝学的手法を指します。このプローブは、特定のDNA/RNA配列に結合すると、特定の波長の光を吸収して発光する分子です。染色体の構造的・数値的な異常の特定、治療薬のモニタリング、希少遺伝病の特定などに用いられます。FISHプローブには、遺伝子座特異的プローブ、アルフォイド/セントロメリックリピートプローブ、全染色体プローブなどがあり、一般的に使用されています。これらのプローブは、高感度かつ正確に目的の配列を認識することができ、メタフェース染色体と間期核の両方に直接適用することができ、単一細胞レベルでハイブリッドシグナルを正確に可視化することができるなど、様々な利点があります。

市場の動向

様々な遺伝性疾患や慢性疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。また、体外診断用医薬品(IVD)検査や標的治療に対するニーズが世界的に高まっていることも、市場の成長を後押ししています。FISH検査は、従来から用いられている標準的な細胞遺伝学(細胞の遺伝子)検査と比較して、顕微鏡では通常見落とされる微細な遺伝子変化を特定することができます。そのため、これらのプローブは、がんや遺伝子疾患の診断、予後の予測、臨床管理に広く利用されています。さらに、より高い感度と精度を備えたFISHプローブの開発など、さまざまな技術的進歩が市場に明るい展望をもたらしています。その他、特に発展途上国における医療インフラの改善や、バイオテクノロジー分野における広範な研究開発活動などが、市場をさらに牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界の蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブ市場は、タイプ別、プローブタイプ別、テクノロジー別、アプリケーション別、エンドユーザー別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・DNA

・RNA

・mRNA

・miRNA

・その他

プローブタイプ別の市場区分

・遺伝子座特異的プローブ

・アルフォイド/セントロメリックリピートプローブ

・全染色体プローブ

テクノロジー別の市場区分

・フローFISH

・Q FISH

・その他

アプリケーション別の市場区分

・癌

・遺伝性疾患

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・研究機関

・診断センター

・その他

市場の競合状況

蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)プローブの世界市場における主要な企業としては、Abnova Corporation、Agilent Technologies Inc.、Biocare Medical LLC、Biosearch Technologies (LGC Ltd.)、Creative Biolabs、F. Hoffmann-La Roche Ltd. (Roche Holding AG)、Genemed Biotechnologies, Inc. (Sakura Finetek USA Inc.)、Merck KGaA、Oxford Gene Technology (Sysmex Corporation)、PerkinElmer Inc.、ThermoFisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]