プレイアウトオートメーション・チャンネルインアボックス市場、2021年から2026年の間に15.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

プレイアウトオートメーション・チャンネルインアボックスの世界市場は、2020年に171億5千万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は15.3%のCAGRで成長すると予想されています。

プレイアウトオートメーション・チャンネルインアボックス(CiaB)は、単一または複数のテレビチャンネルの放送に使用される、統合プレイアウト・サーバー・ソリューションを指します。CiaBは、テレビ番組を放送する前に、ブランディング、ロゴ、3Dキャラクター、オーバーレイ、広告などを挿入することで、シームレスなワークフローを提供し、放送中の番組をスケジューリング、自動化します。これにより、システムの設置やメンテナンスの効率化、関連コンテンツの取得が容易になり、リソースを最大限に活用した新しいチャンネルの立ち上げが可能になります。また、ラジオやテレビでは、視聴者に配信されるコンテンツの品質管理や、商業的な課金の監視などに幅広く活用されています。

市場の動向

世界的に放送業界が大きく成長していることが、この市場の成長を支えている主な要因として挙げられます。最新のCiaBシステムは、従来のシステムと比較して、サーバー、ミキサー、ルーター、コンテンツインサートを自動的に組み合わせて、目的の出力を得ることができます。また、様々な中小企業がこの業界に急速に参入していることや、高品質なチャンネルプレゼンテーションへのニーズが高まっていることも、この市場の成長を後押ししています。CiaBは、高度なプレイアウトソリューションを提供し、高いレベルでのカスタマイズと統合を実現します。さらに、没入感のある体験のための音質や機能の利用など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。サービスプロバイダーは、高精細(HD)や超高精細(UHD)のコンテンツやゲームを消費者に提供することを重視しています。加えて、急速な都市化や消費者の購買力の向上なども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられています。

主要な市場区分

世界のプレイアウトオートメーション・チャンネルインアボックス市場は、コンポーネント、事業、アプリケーション、チャンネルタイプ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・決済オートメーション

・サーバー

・キャラクタージェネレーター

・ロゴインサーター

・チャンネルインアボックス

・その他

事業別の市場区分

・放送

・映像・画像処理

・グラフィックス

・その他

アプリケーション別の市場区分

・エンターテインメント

・ニュース

・スポーツ

・カートゥーン

・ライフスタイル

・その他

チャンネルタイプ別の市場区分

・シングルチャンネル

・マルチチャンネル

・多目的/アドバンストチャンネル

エンドユーザー別の市場区分

・国内放送事業者

・国際放送事業者

市場の競合状況

世界のプレイアウトオートメーション・チャンネルインアボックス市場における主要な企業としては、Anyware Video company, Aveco s.r.o, Axel Technology Srl, BroadStream Solutions Inc., Evertz Microsystems Ltd, Florical Systems Inc, Harmonic Inc, Imagine Communications (The Gores Group), Pebble Beach Systems Ltd. (Vislink plc), Pixel Power Ltd. (Rohde & Schwarz), PlayBox Technology (UK) Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]