セラミックフィルター市場、2021年から2026年の間、約14%のCAGRで成長見込み

市場の概要

セラミックフィルター市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約14%のCAGRで成長すると予測されています。

セラミックフィルターとは、空気の除染や飲料水からの沈殿物の除去に天然素材を使用した多目的フィルターのことです。セラミックフィルターは、主にセラミックフィルターキャンドル(カートリッジ)で構成されており、水を処理し、細孔のネットワークを通じて細菌、濁り、ウイルス、原生動物、微生物のシストなどの汚染物質をろ過します。このフィルターは、主に微細なシリカパウダーと、ホワイトカオリン、レッドテラコッタ、バッククレイなどの様々な種類の粘土を使用して製造されています。一般家庭に設置されるほか、重力や圧力を利用してシンクの下やカウンターの上に置いたり、軽工業用のポータブルろ過器として使用されています。

市場の動向

急速な工業化に伴い、商業、住宅、工業の各分野で清浄な水への需要が高まっていることが、市場の成長を促す重要な要因の一つです。セラミック水フィルターは、飲料水のろ過、産業廃水の処理、生物ろ過、ホットガスろ過などに広く使用されています。さらに、大衆の間で環境問題への関心が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。従来の水フィルターは、健康や環境に有害なガス状化合物や揮発性有機化合物を放出します。セラミックフィルターは、優れた洗浄能力と高い機械的強度を備えているため、市場で人気を博しています。さらに、セラミックフィルターに銀を含浸させた活性炭を使用したり、炭化ケイ素や二酸化チタンを組み込むことで、有害な病原体や細菌、その他の水の化学物質のろ過を強化するなど、さまざまな製品イノベーションが市場をさらに押し上げると予測されています。

主要な市場区分

セラミックフィルターの世界市場は、製品タイプとアプリケーションに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・セラミック水フィルター

・セラミックエアフィルター

アプリケーション別の市場構成

・住宅用

・商業用

・工業用

・高温ガスのろ過

・油/水分離

・バイオフィルトレーション

・その他

市場の競合状況

世界のセラミックフィルター市場における主要な企業としては、3M Company、Anguil Environmental Systems Inc.、Ceramic Filters Company Inc.、Clear Edge (Filtration Group Corporation)、Glosfume Technologies Ltd.、Haldor Topsoe、Klt Filtration Limited、Pall Corporation (Danaher Corporation)、Tri-Mer Corporation、Veolia Environnement S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]