消費者信用市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

消費者信用市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長すると予想されています。

消費者信用とは、個人が個人消費のために商品やサービスを購入する際に利用する短期および中期の個人向けローンを指します。消費者信用は、信用供与や既存の信用供与の延長の際には、金融手数料がかかります。一般的には、特定の回数で返済する非リボルビングクレジットと、自動車ローン、消費財ローン、住宅修繕ローン、個人向けローンなどのリボルビングクレジットの形で提供されています。

市場の成長要因

銀行・金融サービス・保険(BFSI)業界の大幅な成長は、市場の見通しを明るくする重要な要因の一つです。さらに、特に発展途上国における零細企業の高い経済成長も、市場の成長を後押ししています。銀行などの金融機関は、地元業者との信用格差を最小化するために、零細・中小企業(MSME)に投資しています。また、消費者信用では、ポートフォリオレベルでのキャッシュフローや分析に関連する情報を扱うクレジットデータを採用しています。このようなクレジットデータは、個々のクレジットケースの管理、リアルタイムのプライシング、マルチアセットポートフォリオの資産管理、一貫性、自動化、透明性による企業全体のリスクの最小化に役立ちます。さらに、市場への接続性と浸透性を高めるために、消費者信用機関がソーシャルメディア・プラットフォームを利用するケースが増えていることも、市場の成長に貢献しています。これらのプラットフォームは、消費者基盤の拡大、メディアキャンペーンの実施、新製品の発売などに役立ちます。

主要な市場区分

世界の消費者信用市場は、クレジットタイプ、サービスタイプ、発行者、決済方法に基づいて分類されています。

クレジットタイプ別の市場構成

・リボルビングクレジット

・非リボルビングクレジット

サービスタイプ別の市場構成

・クレジットサービス

・ソフトウェアおよびITサポートサービス

発行者別の市場構成

・銀行および金融会社

・信用組合

・その他

決済方法別の市場構成

・口座振替

・デビットカード

・その他

市場の競合状況

世界の消費者信用市場における主要な企業としては、Bank of America、Barclays、BNP Paribas、China Construction Bank、Citigroup、Deutsche Bank、HSBC、Industrial and Commercial Bank of China (ICBC)、JPMorgan Chase、Mitsubishi UFJ Financial、Wells Fargoなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]