土壌水分センサー市場、2021年から2026年にかけて約12%のCAGRで成長見込み

市場の概要

土壌水分センサーの世界市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約12%のCAGRで成長すると予想されています。

土壌水分センサーは、活性根域の水分量を体積および重量ベースで測定するための機器です。土壌水分センサーは、調節可能な水分量のセットポイントを灌漑システムコントローラに接続し、高周波静電容量技術を利用します。電気伝導度を検出して水分単位に変換し、リアルタイムにデータを提供することで、水を節約し、全体的な灌漑効率を向上させることができます。その結果、景観灌漑、温室管理、バイオレメディエーション、廃水再生などに幅広く活用されています。さらに、環境科学、農業科学、生物学、植物学、園芸学の分野での研究や実験にも適していると考えられています。

市場の動向

人口の増加と農産物の需要の高まりを受けて、作物の生産性を向上させるために、精密農業や収穫量のモニタリングを導入する動きが活発化しています。これは、各国の政府が導入している有利な政策と相まって、世界の土壌水分センサー市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、ガーデニングの増加に伴い、緑豊かな庭や芝生を常に監視・維持するための土壌水分センサーの売上が増加しています。さらに、建設業界では、プロジェクトを開始する前に湿地帯を検出するために、これらのセンサーが採用されています。加えて、衛星リモートセンシング技術の進歩は、メーカーに有利な機会をもたらすことが予想されています。さらに、市場関係者は、IoT(Internet of Things)ベースの土壌水分センサーを導入しており、永久的に地中に埋設させることができるため、メンテナンスコストの削減に役立ちます。

主要な市場区分

世界の土壌水分センサー市場は、タイプ、センサー、接続方法、アプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・容積式土壌水分センサー

・土壌水分ポテンシャルセンサー

センサー別の市場区分

・石膏ブロック

・粒状マトリックスセンサー

・張力計

・プローブ

・キャパシタンスセンサー

・TDT(Time Domain Transmissiometry)センサー

接続方法別の市場区分

・有線

・無線

アプリケーション別の市場区分

・住宅

・農業

・ランドスケープ・グラウンドケア

・スポーツターフ

・天気予報

・林業

・建設・鉱業

・その他

市場の競合状況

土壌水分センサーの世界市場における主要な企業としては、Acclima Inc.、Campbell Scientific Inc.、Delta-T Devices、E.S.I. Environmental Sensors (SUCO)、Imko Micromodultechnik (Endress+Hauser)、Irrometer Company、Sentek (Scientific Digital Imaging Plc)、Spectrum Technologies (Transcat)、Stevens Water Monitoring Systems、The Toro Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]