窒化ガリウム(GaN)パワーデバイス市場、2021年から2026年の間に約19%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の窒化ガリウム(GaN)パワーデバイス市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約19%のCAGRで成長すると予想されています。

窒化ガリウム(GaN)パワーデバイスは、高電子移動度(HEMT)トランジスターで、半導体の広いバンドギャップ内を自由に動く電子を制御することで電気エネルギーを生み出します。シリコンの金属-酸化膜-半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)と比較して、オン抵抗や出力容量が小さく、電界強度が高いのが特徴です。また、より多くの電子を伝導し、スイッチノードのリンギングを減らし、効率を向上させます。さらに、小型・高速・軽量であることから、様々な工業製品の商用・産業用アプリケーションに採用されています。

市場の動向

現在、GaNパワーデバイス市場を牽引しているのは、さまざまな最終用途産業でGaNパワーデバイスが幅広く利用されていることです。例えば、GaNパワーデバイスは、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の照明やブレーキ制御システムに使用されています。複数の国の政府が温室効果ガス(GHG)の排出に対して厳しい政策を導入していることから、世界中でEVやHEVの販売が増加しています。また、エネルギー効率の高い機器の導入が促進されており、防衛・航空宇宙産業におけるGaNパワーデバイスの需要にも影響を与えています。さらに、これらのデバイスは、ナビゲーションの強化、衝突の回避、リアルタイムの航空管制を可能にするレーダーに利用されています。また、超音波診断装置、磁気共鳴画像装置(MRI)、小型X線装置などの医療用スキャン機器の製造にも使用されており、手術の際の精度を高めています。さらに、スモールセル、分散型アンテナシステム(DAS)、リモートラジオヘッドネットワークの高密度化にも使用されています。これに加えて、IoT(モノのインターネット)技術の導入が進み、5G技術の導入も進んでいることから、今後数年間でメーカーにとって有利な機会が生まれると予想されています。

主要な市場区分

世界の窒化ガリウム(GaN)パワーデバイス市場は、デバイスタイプ、電圧範囲、アプリケーション、最終用途産業に基づいて分類されています。

デバイスタイプ別の市場区分

パワーデバイス

・ディスクリートパワーデバイス

・統合型パワーデバイス

RFパワーデバイス

・ディスクリートRFパワーデバイス

・統合型RFパワーデバイス

電圧範囲別の市場区分

・200ボルト未満

・200~600ボルト

・601ボルト以上

アプリケーション別の市場区分

・パワードライブ

・電力供給システム

・無線周波数ベースシステム

最終用途産業別の市場区分

・通信

・自動車

・再生可能エネルギー

・軍事

・航空宇宙・防衛

・民生用電子機器

・その他

市場の競合状況

世界の窒化ガリウム(GaN)パワーデバイス市場における主要な企業としては、Efficient Power Conversion、GaN Systems Inc.、IQE、Koninklijke Philips N.V.、MACOM Technology Solutions、Microsemi Corporation (Microchip Technology Inc.)、三菱電機株式会社、Navitas Semiconductor Inc.、Qorvo Inc.、住友電気工業株式会社、Texas Instruments Incorporated、株式会社東芝、Wolfspeed Inc. (Cree Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]