データコンバーター市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のデータコンバーター市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長すると予想されています。

データコンバーターとは、アナログ信号をデジタル信号に変換したり、その逆を行ったりする電子回路を指します。アナログ信号をデジタル信号に変換するデバイスは、アナログ・デジタルコンバーターとして知られています。一方、デジタル信号をアナログ信号に変換するデバイスは、デジタル・アナログコンバーターと呼ばれています。例えば、コンピュータは、信号を読み取り可能な形式に変換するために、アナログ・デジタルコンバーターを必要とします。同様に、モデムは電話回線を介した通信のために、デジタル信号をアナログ信号に変換します。このように、データコンバーターは、通信、自動車、医療、家電など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の成長要因

また、様々な産業分野における急速なデジタル化や、技術的に高度なデータ収集システムの導入が進んでいることも、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、航空宇宙・防衛分野でデータコンバーターが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。これらのデバイスは、電子戦や通信システム、兵器、防衛車両などで信号の変換や伝送に使用されています。さらに、データコンバーターは、ビデオ通話、ネットワーク信号処理、タッチ感度の向上、画像処理などのために、スマートフォン、ラップトップ、タブレットなどのスマートデバイスとの統合が進んでいます。また、4G、5G、LTE(Long-term Evolution)などの無線通信ネットワークの進化により、光通信デバイス用のデータコンバーターの需要がさらに高まっています。これに加えて、コネクテッドデバイスによるIoT(Internet of Things)の統合が、市場の成長に寄与すると期待されています。

主要な市場区分

世界のデータコンバーター市場は、タイプ別、サンプリングレート別、アプリケーション別に分類されています。

市場の競合状況

世界のデータコンバーター市場における主要な企業としては、アナログ・デバイセズ社、旭化成マイクロデバイス社、Datel Inc.、村田製作所、富士通株式会社、IQ-Analog Corporation、Maxim Integrated、Microchip Technology Inc.、NXP Semiconductors N.V.、ON Semiconductor、Renesas Electronics Corporation、STMicroelectronics、Synopsys Inc.、Texas Instruments Incorporatedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]