プラストマー市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のプラストマー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

プラストマーとは、エラストマーとプラスチックの両方の特性を持つ特殊なポリマーを指します。ゴムやプラスチックのような弾力性や加工性、透明感や光沢感を持っています。単独で、あるいはブレンドやコンパウンドと組み合わせて使用することで、衝撃性能、溶融強度、加工性を向上させることができます。プラストマーは、軟包装、非伸縮性フィルムやシュリンクフィルム、成形品や押出し製品、ワイヤーやケーブル、発泡製品などによく使われています。混合ポリマー溶液と比較して、コスト効率が高く、環境に優しい単一材料の溶液に変換することができます。そのため、食品・飲料、包装、自動車、ポリマー変性、電線・ケーブル、農業、医療など幅広い分野で使用されています。

市場の動向

食品包装業界における製品需要が着実に増加していることが、市場成長の主な要因の一つです。プラストマーは、密度が低く、食品の品質や鮮度を保持して保存期間を延ばすことができるため、主にシールや溶融ポリマーとして使用されています。また、制御されたプラストマーが医療製品やヘルスケア製品の製造に広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。プラストマーは、点滴用バッグ、連続携行式腹膜透析用パウチ、医薬品原料用バッグ、バイオリアクター用パッケージなどの製造に使用されています。低温下でも高い保存性を発揮し、万一の落下時にも破損しません。さらに、様々な製品イノベーションや、ガスケット、シール、振動減衰・衝撃吸収製品、音響遮音システム、クッション、シーティング、疎水性・親水性フォームなどの製造にプラストマーが利用されていることも、市場の成長に貢献しています。

主要な市場区分

世界のプラストマー市場は、用途と加工方法に基づいて分類されています。

用途別の市場区分

・フィルムを用いた食品包装

・フィルムを用いた非食品包装

・ストレッチフィルムおよびシュリンクフィルム包装

・自動車関連

・ポリマー改質

・電線・ケーブル

・メディカル

・その他

加工方法別の市場区分

・ブローフィルム押出し

・キャストフィルム押出し

・押出成形コーティング

・射出成形

・その他

市場の競合状況

世界のプラストマー市場における主要な企業としては、Alpha Group、Borealis AG、Exxon Mobil Corporation、LG Chem Ltd、三井化学株式会社、Saudi Basic Industries Corporation (SABIC)、SK Group、住友商事、The DOW Chemical Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]