酪酸市場、2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

酪酸市場は、2015年から2020年にかけて強い成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長すると予想されています。

酪酸は、無色のカルボン酸で、炭水化物や食物繊維をバクテリアが発酵させることで生成されます。また、動物性脂肪、植物性油脂、牛乳、バター、チーズなどにも含まれています。工業的には、石油由来の原料を化学合成するほか、デンプンや糖類を腐敗したチーズと炭酸カルシウムの混合物中で発酵させることで製造され、さらに様々なバイオ燃料を製造するための前駆体として使用することができます。このように、酪酸は、費用対効果が高く、持続性があり、温室効果ガスの排出が少ないなど、さまざまな利点があります。これらの理由により、酪酸は、動物飼料、医薬品、化学中間体、香水、食品、飲料など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の成長要因

世界的に製薬産業が大きく成長していることも、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。酪酸は、体重管理、がんや過敏性腸症候群(IBS)の治療に役立つ医薬品の製造に使用されます。さらに、動物飼料の栄養価を高めるために酪酸の利用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。酪酸は、豚、家禽、魚、牛などの胃腸の健康を改善し、微生物による感染症や病気を予防します。さらに、従来使用されてきたガソリンやその他の代替燃料に代わって急速に普及しているバイオ燃料の開発に製品を使用するケースが増えていることも、市場の成長に寄与しています。その他の要因としては、再生可能な酪酸やクリーンエネルギーへの需要が高まっていることや、食品加工や調味料の製造において酪酸の使用が増加していることなどがあり、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・合成系

・バイオベース

誘導体別の市場構成

・酪酸ナトリウム

・酪酸カルシウム

・その他

アプリケーション別の市場構成

・動物飼料

・化学中間体

・食品・フレーバー

・医薬品

・香水

・その他

市場の競合状況

酪酸の世界市場における主要な企業としては、Blue Marble Biomaterials LLC (Socati Corporation), Eastman Chemical Company, OQ Chemicals, Perstorp Holding AB, Snowco Industrial Co. Ltd.、サーモフィッシャーサイエンティフィック社、東京化成工業株式会社、Axxence Aromatic Co. Ltd.、Axxence Aromatic GmbH、Kemin Industries Inc.、Zhonglan Industry Co. Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]