血管形成術用バルーン市場、2021年から2026年にかけてCAGR 3.21%で成長見込み

市場の概要

血管形成術用バルーン市場は、2015年から2020年にかけて安定した成長を示しました。血管形成術用バルーンとは、外科手術の際に詰まった血管の詰まりを取り除いたり広げたりするために使用される医療機器を指します。一般的な血管形成術用バルーンには、薬剤溶出バルーン、ノーマルバルーン、スコアリングバルーン、カッティングバルーンなどがあります。これらのバルーンは通常、ナイロン、ポリウレタン、シリコンウレタンなどのポリマーを使用して製造され、ニチノール製の拘束構造によってバルーンの表面に溝や枕が形成され、予測可能で均一な無外傷性の拡張を実現しています。手術では、バルーンを膨らませてプラークを血管の壁に押し付け、血管を開いて正常な血流を回復させます。

市場の動向

世界的に冠動脈および末梢動脈の疾患が増加していることが、市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。また、高齢者人口の増加、肥満や高コレステロール血症に悩む人々の増加も、市場の成長を後押ししています。さらに、安全性、有効性に優れ、全身の血流を改善する薬剤コーティングされた血管形成術用バルーンが好まれるようになってきています。これにより、血管の破壊を引き起こす可能性のあるステントなどの血管インプラントの使用が減少しています。さらに、画像処理技術の開発や、全身麻酔をかけずに移植できる革新的なバリアントの登場など、さまざまな技術的進歩も大きな成長の要因として作用しています。また、消費者の健康意識の高まり、医療インフラの整備、医療分野における広範な研究開発(R&D)活動なども、市場をさらに押し上げる要因の一つと考えられます。今後、2021年から2026年にかけて、世界の血管形成術用バルーン市場はCAGR 3.21%で成長すると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

・ノーマルバルーン

・カッティングバルーン

・薬剤溶出バルーン

・スコアリングバルーン

アプリケーション別の市場構成

・冠動脈形成術

・末梢血管形成術

素材別の市場構成

・ナイロン

・ポリウレタン

・シリコンウレタン共重合体

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・病院

・外来手術センター

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の血管形成術用バルーン市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、B. Braun Melsungen AG、BD(Becton, Dickinson, and Company)、Biotronik SE & Co. KG、Boston Scientific Corporation、Cardinal Health Inc.、Cook Medical LLC、Endocor GmbH & Co. KG、Johnson & Johnson、Medtronic Inc.、Terumo Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]