カロテノイド市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

カロテノイド市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、市場は2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長すると予測されています。

カロテノイドとは、果物や野菜の鮮やかな赤、黄色、オレンジの色調を生み出す様々な有機顔料を指します。植物の健康に欠かせない植物性栄養素の一種であり、ビタミンAや抗酸化物質を豊富に含んでいます。カロテノイドは、植物、藻類、バクテリア、菌類に含まれているので、合成することも可能です。カロテノイドの主な天然供給源には、パパイヤ、パイナップル、カボチャ、アプリコット、ニンジン、オレンジ、トウモロコシなどがあります。一般的なカロテノイドとしては、α・βカロテン、βクリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチン、リコピンなどがあり、食品、化粧品、飼料などの着色料として使用されています。人間では、がんの治療、視力の向上、身体の成長・発達のサポートなどに役立ちます。

市場の動向

癌やその他の加齢に伴う眼科疾患の増加は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。さらに、栄養補助食品やその他の医薬品にカロテノイドが広く利用されていることも、市場の成長を後押ししています。世界的な健康志向の高まりと高齢化社会の到来により、消費者の嗜好は、抗酸化物質として働き、慢性疾患や細胞の損傷、加齢による有害な影響から身体を守ることができる予防医療製品にシフトしています。カロテノイドは、動物の繁殖力や総合的な免疫力を高めるために、動物の栄養や飼料の改善に広く利用されています。これに加えて、抽出方法における様々な技術的進歩や、天然着色料に対する需要の高まりが、市場をさらに押し上げると予測されます。

主要な市場区分

世界のカロテノイド市場は、製品タイプ、ソース、剤形、用途に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・β-カロテン

・アスタキサンチン

・ルテイン

・リコピン

・ゼアキサンチン

・カンタキサンチン

・その他

ソース別の市場構成

・合成

・天然

剤形別の市場構成

・オイルサスペンション

・パウダー

・エマルジョン

・その他

用途別の市場構成

・動物飼料

・栄養補助食品

・食品・飲料

・化粧品

・その他

市場の競合状況

世界のカロテノイド市場における主要な企業としては、アライドバイオテック株式会社、BASF SE、Chr.Hansen Holding A/S、Cyanotech Corporation、DDW The Color House、Deinove SAS、Divi’s Laboratories Limited、Döhler Group、Excelvite Sdn.Bhd.、Kemin Industries、Lycored Limited、Naturex SA (Givaudan SA)、Vidya Europe SAS、Zhejiang NHU Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]